三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

メロディ10月号

「秘密」連載再開。新章「冬蝉」が始まりました。
宇宙開発研究に長年かかわってきた「偉人」たちの脳が盗まれるという事件が勃発。

そして元JAXAの開発主任、牧野博士の死。
彼の遺体はいつの間にか何者かにすり替えられ、盗まれてしまう。

遺体を盗んだのは、薪さんの恩師、住田教授とその妻。
住田教授は言う。
これは牧野先生の「遺言」なのだと。

(以下引用)
もし私が一週間で死ぬ蝉だったなら ほかの生き物が80年も100年も生きることなど知りたくもない
生まれてこのかた この大学構内の土と木しか知らないまま 今死んでいくのに
世界はこの狭い大学構内が総てだと思っていたのに
その外に広がる 山の高さ 海の深さ 地球の広さ美しさなど知りたくもない
神がもしたわむれに 蝉に真実をしらせたなら
何故 そんな残酷なことをなさるのか
なぜ 何故神は人間に身に余る英知をさずけたのだろう

何故我々は いけもしない何億光年も彼方の宇宙にこんなに憧れるのか
「蝉」なのに
(引用終わり)

人間の一生は短く、いかに優れた英知を持つ人間であっても、できることは限られています。
住田教授は蝉の儚い一生を、広い宇宙に憧れながら、決してそこにたどり着くことのできない自分に例えたのです。

果たして牧野博士他、「偉人」たちの脳を結集すれば、博士たちの望んでいたもの、宇宙の真理は手に入るのか。
それ以前に、住田教授は罪に問われ、薪さんに逮捕されてしまうのか。

つまらない雑事に日々追われている私のような凡人は、宇宙の広さ、広大さを思うと、私の悩みなど取るに足らない、自分など小さな存在だと、むしろ大きな存在に包まれるような安心感を抱くのですが、知識欲旺盛な博士たちは違うのですね。

物事を知りたい、捉えたいという野心。
学者肌の人間なら、住田教授の気持ちが分かるのではないでしょうか。

薪さんは、どう決断する・・・?

次号が楽しみです。











スポンサーサイト

ポイズンドーター・ホーリーマザー 湊かなえ

ポイズンドーター・ホーリーマザー

久々の湊かなえさん。
「告白」で話題をさらってから9年。
コンスタントに作品を発表され、今では押しも押されぬベストセラー作家の一人となられましたね。
ご本人をテレビで拝見したことがありますが、あんな可愛い顔と声の女性がこんなえげつないお話を・・と驚きました。

今「リバース」という作品が話題のようで、ドラマ化もされていますね。
時々私がおやつに買うランチパックにも、タイアップなのかビニール包装に「リバース」の番宣が印刷されているものがありました。
美味しそうに見えたので、一つ買って帰りますと、夫がそれを見て・・・「ゲロ・・???」とのたまいました。
ゲ、ゲロ・・・・・。
ランチパックに、ゲロ。。。
夫よ。それ、和製英語らしいよ。

どうでもいい話は切り上げまして。
「ポイズンドーター・ホーリーマザー」
湊さんの毒がピリリと効いた短編集で、毒親、毒娘をテーマにした表題作はラストの2編です。

毒親という俗語が有名になったのは、ごく最近ではないかと思います。
毒親の形は様々でしょうが、要は子供のためと思ってやっていることが、過干渉なのか束縛が過ぎるのか、結果的に子供の自立性や将来性をつぶしてしまうような親のことでしょう。

「ポイズンドーター」は娘弓香の視点で、毒親である母のことが語られ、「ホーリーマザー」では弓香の友人理穂の視点から弓香とその母が語られます。
理穂はマスコミに「毒親」として晒された弓香の母は立派な母親であり、弓香こそが毒娘であると糾弾します。
本当の毒親は、中学生の娘に売春させて飲んだくれてた、同級生マリアの母のような人のことだと。

理穂のいうことも分かるけれど、弓香の気持ちも分からないではないです。
マスコミに母親を晒したのは確かに頂けないし、弓香に自分の人生が思うようにいかないことをひとのせいにするきらいがあるのも否めませんが、彼女にとっては母親は愛情で娘の羽をもぎ取るような、支配的な親だったんでしょう。
人間は多面体で、それが母親の全ての顔ではないというだけです。

毒親、とは何でしょう。
私にはよくわからない。でも、「毒親」には自分が毒親だという自覚はないのではないでしょうか。
自分は子供を愛している、と自分では思っているのではないでしょうか。

理穂が名前を出した、マリアの母。
育児放棄し、あまつさえ中学生の娘に売春させるような母親。
母性の欠片もない、最低の母親。
こんな女は毒親などという範疇を越えています。ただの虐待母、犯罪者です。
なぜ周囲はマリアを助けなかったのか。
現実ならば、中学校や教育委員会など行政が、マリアを保護するべきではないのでしょうか。
ここのところ、フィクションだからと自分に言い聞かせても、非常に憤りを覚えました。

そして出来れば弓香の視点に対する最後の章は、友人の理穂ではなく、母親の視点で語って欲しかったです。
私は理穂にあまり共感できませんでした。
理穂はただ周りの状況に流され、その流れに逆らわず環境を受け入れている、主体性のない人に思えました。
特に気になったのは、「中学もろくに行っていないマリアを、父親が採用したのはなぜだろう」と思いつつも、そこを深く考えないようにするところ。
いえいえ、ここで思考停止してはだめでしょう。
理穂は不都合な事実から逃げ回り、目をつぶっている。そして自分は幸福だと思い込んでいるのです。
理穂に弓香を糾弾する資格はありません。

私には理穂こそ「毒親」の予備軍に思えました。

六編の短編の中では、嫉妬に苦しむ脚本家のお話の「ベストフレンド」が一番面白かったです。
ハッピーエンドではないのに、後味が良かった。



メロディ6月号

「秘密」増殖act6
今月号で「増殖」は結末を迎えました。
・・・・
私の中でこの「増殖」はチャッピーを抜いて、シリーズ中最も後味の悪い作品となりました。
フィクションだというのに、何故これほど心をかき乱されてしまうのか。

現実に、ありうる話だからです。

児玉やストーンヘンジはフィクションでも、閉じられた世界での「カースト制」はありそうです。
閉鎖的な空間でのランク付け。見下せる相手を見つけて安心する心理。
誰かを踏みつけることでやっと自尊心を保とうとする、心の貧しさ。

ストーンヘンジほど極端な形ではないというだけで、多かれ少なかれこういう「差別したい」という意識は、今でもあるのではないでしょうか。

子供が無垢だというのは、大人の幻想にすぎません。
いえ、無垢だからこそ罪の意識もなく、とことん残酷になれるのかもしれません。
そしてそれはある意味大人の縮図なのです。

先月号での「増殖」の自分の感想が、いかにもいい子ぶっていて底の浅いものに思えてきます。

そして、こういう「この人よりは自分はまだまし」というさもしい差別意識って、もしかしたら私の中にもあるかもしれないと我が身のこれまでの行動を振り返ってしまいました。

しかし、清水先生、こんな綺麗な絵で滅茶苦茶えげつない話を描くなあ。。。


メロディ4月号

「秘密season0 増殖 act4」
今回は読んでいて辛い。子供が惨い目に遭う話は本当に辛いです。
特にこういう閉じられた世界で、しかも集団生活で、本来守ってくれるはずの大人の庇護を得られないなんて、地獄です。
かってのオウム真理教を思い出しましたが、こういうカルト村、本当にありそうで怖い。
子供たちが明るく屈託がないところがまた辛い。
どうか児玉に天誅を。

深刻な展開なのに、時々入る息抜きコメディシーンがとても好き。

波多野 「つまりこれって大奥ですよ。 殿の寵愛をだれがあるいはどの子が一番に受けるのか!ってやつ」
薪さん 「?え?」
波多野 「だから!みんなが言ってる薪室長の一番のお気に入りの部下は岡部室長か?イヤイヤ青木室長だろ!ってのと同じです」
薪さん 「・・・・?・・・・?・・・・?」
波多野 「私は岡部室長に一票!」

波多野。恐ろしい子・・・・!

「大奥」はやっと家定が幸せになれて良かった。。けどこの後おそらく家定は亡くなるんだろうな。
束の間の幸せに過ぎないのが見えているので、切ない。

樹なつみの「一の食卓」が今月すごく面白かった。
「おまえが仕事をするうえで 女である事を悩む それに近い苦しみを味わっていた
それは身分の差 あらがえばあらがうほど泥沼に沈む深い苦しみだ
武士階級とはなばかりの下級武士 町人 百姓
身分を越え歴とした武士になりたいと 必死で のたうちまわって 喰らいついていた
奴らはやりとげたと思う 武士以上の武士となって死んでいったからな」

斎藤一のこの言葉、とても心に響きました。
差別というものは性差ばかりではありません。

「花花」は、憲人頑張れ、と心から思いました。
いい人と良すぎる人、嫌われる境目はどこに。
渚ちゃんママを説得できるか?




メロディ2月号

今月号は何か寂しいなと思ったら、「大奥」が休載でした。
いい年して漫画雑誌を定期購読している私ってどうよと思わなくもないのですが、「メロディ」は80年代の「ララ」を意識して作られているそうなので、大昔「ララ」愛読者だった私のようなおばさん読者もたくさんおられる・・はず。。
とりあえず、清水玲子さんや成田美名子さん、樹なつみさんにひかわきょうこさん、といった心躍るお名前を見ると、買い続けてしまいそう。どんだけ漫画が好きなんだか(*´~`*)

「秘密 増殖act4」
体を張って、すでに死んでいる須田の脳を守ろうとする山城。

そうまでして守ろうとした須田の「脳」は、一部無残に吹き飛ばれてしまったけれど・・。

「薬品で脳を溶解あるいは消失させる等して 完全に脳ニューロンを修復不可能なまでに破壊しない限り MRI捜査は可能」

「大丈夫 大したことじゃない 別に銀河系の中からいるのかいないのかわからない生命体を探せとか無茶を言ってるわけじゃない
せいぜい太平洋に沈んだ海賊船のダイヤを探す程度のものだ」

いやかなり無茶でしょう!薪さん あなたは鬼ですか

しかし、ダイヤが見つかってよかった!

そして山城も死ななくてよかった!

マレフィセント薪は、ふたたび白雪姫に戻れるか??

そして、実弾の装填をしないなら、チームから外れろ、と薪さんに命じられる青木。

次号でひとまず解決するのでしょうか。
楽しみです。