三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

メロディ6月号

「秘密」増殖act6
今月号で「増殖」は結末を迎えました。
・・・・
私の中でこの「増殖」はチャッピーを抜いて、シリーズ中最も後味の悪い作品となりました。
フィクションだというのに、何故これほど心をかき乱されてしまうのか。

現実に、ありうる話だからです。

児玉やストーンヘンジはフィクションでも、閉じられた世界での「カースト制」はありそうです。
閉鎖的な空間でのランク付け。見下せる相手を見つけて安心する心理。
誰かを踏みつけることでやっと自尊心を保とうとする、心の貧しさ。

ストーンヘンジほど極端な形ではないというだけで、多かれ少なかれこういう「差別したい」という意識は、今でもあるのではないでしょうか。

子供が無垢だというのは、大人の幻想にすぎません。
いえ、無垢だからこそ罪の意識もなく、とことん残酷になれるのかもしれません。
そしてそれはある意味大人の縮図なのです。

先月号での「増殖」の自分の感想が、いかにもいい子ぶっていて底の浅いものに思えてきます。

そして、こういう「この人よりは自分はまだまし」というさもしい差別意識って、もしかしたら私の中にもあるかもしれないと我が身のこれまでの行動を振り返ってしまいました。

しかし、清水先生、こんな綺麗な絵で滅茶苦茶えげつない話を描くなあ。。。


スポンサーサイト

メロディ4月号

「秘密season0 増殖 act4」
今回は読んでいて辛い。子供が惨い目に遭う話は本当に辛いです。
特にこういう閉じられた世界で、しかも集団生活で、本来守ってくれるはずの大人の庇護を得られないなんて、地獄です。
かってのオウム真理教を思い出しましたが、こういうカルト村、本当にありそうで怖い。
子供たちが明るく屈託がないところがまた辛い。
どうか児玉に天誅を。

深刻な展開なのに、時々入る息抜きコメディシーンがとても好き。

波多野 「つまりこれって大奥ですよ。 殿の寵愛をだれがあるいはどの子が一番に受けるのか!ってやつ」
薪さん 「?え?」
波多野 「だから!みんなが言ってる薪室長の一番のお気に入りの部下は岡部室長か?イヤイヤ青木室長だろ!ってのと同じです」
薪さん 「・・・・?・・・・?・・・・?」
波多野 「私は岡部室長に一票!」

波多野。恐ろしい子・・・・!

「大奥」はやっと家定が幸せになれて良かった。。けどこの後おそらく家定は亡くなるんだろうな。
束の間の幸せに過ぎないのが見えているので、切ない。

樹なつみの「一の食卓」が今月すごく面白かった。
「おまえが仕事をするうえで 女である事を悩む それに近い苦しみを味わっていた
それは身分の差 あらがえばあらがうほど泥沼に沈む深い苦しみだ
武士階級とはなばかりの下級武士 町人 百姓
身分を越え歴とした武士になりたいと 必死で のたうちまわって 喰らいついていた
奴らはやりとげたと思う 武士以上の武士となって死んでいったからな」

斎藤一のこの言葉、とても心に響きました。
差別というものは性差ばかりではありません。

「花花」は、憲人頑張れ、と心から思いました。
いい人と良すぎる人、嫌われる境目はどこに。
渚ちゃんママを説得できるか?




メロディ2月号

今月号は何か寂しいなと思ったら、「大奥」が休載でした。
いい年して漫画雑誌を定期購読している私ってどうよと思わなくもないのですが、「メロディ」は80年代の「ララ」を意識して作られているそうなので、大昔「ララ」愛読者だった私のようなおばさん読者もたくさんおられる・・はず。。
とりあえず、清水玲子さんや成田美名子さん、樹なつみさんにひかわきょうこさん、といった心躍るお名前を見ると、買い続けてしまいそう。どんだけ漫画が好きなんだか(*´~`*)

「秘密 増殖act4」
体を張って、すでに死んでいる須田の脳を守ろうとする山城。

そうまでして守ろうとした須田の「脳」は、一部無残に吹き飛ばれてしまったけれど・・。

「薬品で脳を溶解あるいは消失させる等して 完全に脳ニューロンを修復不可能なまでに破壊しない限り MRI捜査は可能」

「大丈夫 大したことじゃない 別に銀河系の中からいるのかいないのかわからない生命体を探せとか無茶を言ってるわけじゃない
せいぜい太平洋に沈んだ海賊船のダイヤを探す程度のものだ」

いやかなり無茶でしょう!薪さん あなたは鬼ですか

しかし、ダイヤが見つかってよかった!

そして山城も死ななくてよかった!

マレフィセント薪は、ふたたび白雪姫に戻れるか??

そして、実弾の装填をしないなら、チームから外れろ、と薪さんに命じられる青木。

次号でひとまず解決するのでしょうか。
楽しみです。









メロディ12月号

「秘密season0 増殖」第3回。
上映館リストを見ただけで、タジクが最初につきとめた「映画館の秘密」。
先月号終盤に青木もついに糸口を見つけたようでしたが・・。

コロンブスの卵、でしたよ(°_°)
私も相当頭が固いんだな~。
そうですよね、今や映画館も多種多様。
私は3Ⅾですら酔ってしまうほど軟弱なのでいつも普通の2Ⅾ映画を選んでいますが、シネコンに行くと4DXとかIMAXとかありますもんね。
もはやおばさんにはそれが何を意味しているのか、どこに違いがあるのかよくわからなかったんですが(ノ_<)

コロンブスの卵的発想でトリックにたどり着いた青木。
薪さんは犯人をおびき寄せるために「みえないともだち」の上映を決行。
ミストの粒子を荒くして水滴状にし、犯行を封じた青木。
実行犯をとらえるも、ラスボスの教祖が復讐に燃える山城の頭部を銃で狙う。

山城は殺されてしまうのか。それとも逆に、死んだ友達の復讐を果たすのか。

青木「自分が殺されても人殺しにはなるな」

山城「罪を憎んで人を憎まず、っていうけど、あれムリだから。
    死んだ人の無念さを思うと 申し訳なくて申し訳なくて もう本当 ムリだから」

山城はどうなるのか、先が気になります。



メロディ10月号

「秘密season0 増殖」の第二回目。
今月は薪さん体調不良で発熱。怒りまくり怒鳴りまくり。
なかなかのパワハラ上司です^^

青木は自らの不甲斐なさに涙を見せ、タジクはとてもしたたかで青木に対して少々意地悪。

波多野という新人が、今月は存在感を見せてます。
波多野が警視総監に応対していると岡部さんが報告すると、薪さんは
「波多野は受付嬢じゃない。下らん仕事をさせるな!」と岡部さんを叱責。
とはいえ、相手は警視総監。お茶出しするだけならいざ知らず、応対できるのは立派だと思うのですが^^

この後の波多野の分析は本当に見事で、薪さんの期待に立派に応えていましたね。

番外編のポカミスコンビ(波多野・山城)の片割れ、山城はなにやら不穏な行動を。。

死んだはずの新興宗教教祖が「見えないともだち」に映り込んでいることが今月号で分かりましたが、それがどうして連続死に結びつくのか。。

タジクは「みえないともだち」の全国上映館リストをみただけで、「わかった」といいます。
どうやって??タジクは超人か??
そして、青木も最後に何かをつかんだようです。
青木、頑張れ。
正直予想もつきません。
続きが楽しみ。

今月号には、大友監督と清水先生のインタビューも掲載されています。
これも読みごたえがありました。