三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

2007年02月 の記事一覧

冬の蜂

夏に「うちの軒下にアシナガ蜂が巣を!」という記事を書きました。


http://yukinochacha.blog55.fc2.com/index.php?q=%CB%AA%A4%CE%C1%E3&x=38&y=18

あれから半年、アシナガ蜂くんは、いくら私が側で洗濯物をパタパタ振り回していても、一度も攻撃してきませんでした。
アシナガくんがスズメバチや蜜蜂とは違って、大人しい蜂だというのは本当でした。

頭上を元気にぶんぶんしていたアシナガバチくんですが、秋が来て冬近づくと次第に、その数が減ってきました。

そしてもう今はもう2月。
アシナガくんの巣の周りは、もう一匹もぶんぶんしていません。
彼らは静かに、短い一生を終えて死に絶えたのだ。
・・と私は思い、巣の撤去をすることにしました。
でもやっぱり怖いので夫に頼みましたけど

夫はやすやすと、アシナガ蜂の空の巣を根元からパカッと取り外しました。

夫「・・・蜂が、まだ生きてる」

え~~!

もう2月なのに?真冬なのに??


夫が言うのには、生きていたアシナガバチはほんの5匹ほど。

互いを温めあうかのように団子状になり、巣の影に隠れていたのだそうです。

夫は団子蜂ごと、巣をビニールに入れて、捨てました。。


考えてみれば今年は記録的な暖冬。
本当ならとっくに息絶えているはずのアシナガバチも、この温かさで何匹かは長生きしていたのでしょう。
仲間同士で団子状になりながら、小さな虫ながらに、「この温かさなら冬を乗り越えられるかも。生き延びられるかも」と感じていたのかもしれません。。

・・・あああ~、ごめんね。アシナガバチくん

全盛期(?)の夏に巣を駆除してしまうよりも、酷いことをしてしまったような罪悪感があります。。

ごめんね。ごめんね。

また今年の夏に、新しい命をもらって、元気にぶんぶんしてください。

・・でももううちの軒下にはお家を作っちゃ駄目だよ~!
スポンサーサイト

しばしのお別れ。。

いつも私が愛用しているノートパソコンが、子ども達に壊されてしまいました

Fのキーのカバーが外されてしまって、中が剥き出し状態なんです。

犯人は・・おそらく百合子だな~!トホホ。。

明日修理に出すので、しばらくネット落ちします

もう一台夫の使っているPCがあるので、メール受信程度ならできます。