三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

2007年06月 の記事一覧

1分30秒の夢

一月ほど前の話です。
よく晴れた日曜日、夫が仕事に出かけてしまってつまらなかったので、突然思い立って、子供三人を連れてディズニーシーに遊びに行くことにしました。

4歳と2歳の娘達にとっては、始めて訪れるディズニーワールド。
きっと喜びはしゃいでくれるかと思いきや、
入場10分後には「つまんない。おうち帰ろう」と言い出す娘。。。4歳にしてこの冷めっぷり。
やはりお前は私の子
幼児だからミッキーに大喜びするに違いない・・と思い込んだ私がいけないのか。。

それはさておき、早々と出口から退場する私達に、中年女性が突然声をかけてきたんです。
中年女性「先ほどから、ご様子を伺っていたのですが・・、そちらのおぼっちゃま」

・・・なになになに???うちのおポンチ小僧が何か悪さをしましたか?まさかこれは噂の万引きGメン??

「とても可愛らしいお子様ですね!何かこう、光るものがあります」

へ?光る?どこが?あ~さやけ~の光の中で♪・・じゃなくて。

「実は私こういう者なのですが・・(名刺を差し出す)。子役モデルのスカウトをやっております。
ご家族のご意向もお伺いして、もしよろしければ、事務所でカメラテストを受けてみませんか?・・そのとき多少、撮影料がかかりますが・・」

子役モデルのスカウト??

「事務所からまた改めて連絡を差し上げますので、お電話番号を教えて頂けますでしょうか?ぜひ前向きにご検討を。。」云々。

私の舞い上がった頭はまともに機能せず、はいはいと電話番号を教え、その女性と別れてディズニーシーを後にしました。

その後駅に向かって歩くこと1分30秒ほどの間、さっきまでフリーズしていた私の頭はいきなり高速回転で妄想モードに突入しました。

息子主演のCM・・(脳内イメージはカレーのコマーシャル)
息子出演のテレビドラマ・・(主人公の足を引っ張るマヌケだが憎めない脇役)
息子出演の映画・・(主人公の足を引っ張る三枚目)
いやいや露出は避けて、写真集を作ってみるとか・・?
先着100名様までサイン握手サービス付です。
はいそこ。割り込みしない。最後尾はこちらです・・。

息子「ねえ、あーちゃん(私のこと)。おかしいと思わない?」

私「何が?(今日本アカデミー新人賞受賞の言葉を考え中だったのに)」

息子「あの人。ず~っとあそこで出てくる子供を見てるみたいだよ。
子供モデルになりたがる人なんて、たくさんいるでしょ。
わざわざあんなところで待ち構えて、僕みたいなのに声をかけるの、変だよ」

・・・・・

帰宅してから、ネットで渡された名刺に記されたモデル事務所を検索してみました。
もちろん注目するのは、某ちゃんねるやブログなどの裏情報です。

すると・・、私のほかにも繁華街で声をかけられた子連れのお母さんがいるらしく、その方はカメラテストを受けて登録したものの、撮影費登録費云々で、5万近くを支払わされたらしいです。

業界通の人によれば、これはやはりかなり高いということ。。

そして、私はそれまで知らなかったのですが、最近ある大手のモデル事務所が、「繁華街などで子連れに声をかけ、言葉巧みにオーディションを受けさせ、5万ほどの登録費を支払わせるも、登録した子供の99%はそのままなしのつぶて」だと、問題になっていたそうですね。
「詐欺とは言わないまでも、これはスカウトではなく、ただの勧誘だ」と。
その問題事務所と、今回息子が声をかけられた事務所は・・
同じ系列のようです・・

そういえば、「撮影費がかかります」と言っていた。
ただ登録費を集めるための、勧誘だったのか。。

母が子供を見る目には特殊なフィルターがかかっています。
わが子は可愛い。
でも、世間の人の目にまでそれは通用しないことは、分かっていたはずなのですが。。
「光るものがある。可愛い」と言われると、愚母は舞い上がってしまうのです。
そこを利用しようというわけか・・。

馬鹿な私。

息子よ。今回のことだけは、お前が正しかったよ。

息子「でも、地下鉄のCMなら出てあげてもいいよ」

「・・・はい~?」


2週間後、その事務所から本当に自宅に電話がかかってきました。

「スカウト担当のものから、とてもハンサムなお子様だと伺っております。どうですか。カメラテストお受けになりませんか?」
上戸彩のような、可愛い声の女性です。

私「お声をかけていただけたのはとても嬉しかったんですけど・・。
申し訳ありません。息子はもう小学5年生で、勉強も忙しいし、何より本人にその気がありませんので・・」
と、とお断りすると、

「あ、そうですか。では」
上戸彩は突然研ナオコの声になりました。。

とっても怖かったです
これに懲りて、もう軽々しく電話番号を教えたりしませ~ん。
スポンサーサイト