三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無能の人

いえ、つげ義春の話じゃないんですけどね。

今日幼稚園の親参加イベントがありました。
そして、私は下っ端とはいえPTA役員です。。

役員はおそろいのエプロンをつけて仕事をします。
淡いオレンジで、前で紐を結ぶタイプの可愛いエプロンです。皆似合っています。
だがなにゆえ私のみは、化粧回しをつけた関取のようになるのか。。

「これはどこに?」「あれはどうした?」と聞かれても、さっぱり答えられず、上の役員さんに伝書鳩のように聞きに行くだけ、さもなくば狭い通路を塞いでぼ~としているだけで、まるで役に立たない関取なのでした。

すみません。私駄目なんです。人に指図したり場を仕切ったりするの。

あれだけ無能振りを堂々と披露してしまったからには、もはや私に役員を押し付けようなどとは誰も思うまい。
それだけは、安堵・・・。

スポンサーサイト

「秘密」バトン頂きました

10代の頃から清水玲子さんのファンだった不惑越えの私ですが、
 清水玲子先生のファン仲間、夜子さまから、素敵なバトンを頂きました。

【岡部×薪バトン】


■初めて読んだ『秘密』は?
「秘密1999」メロディ本誌でです。。
面白かったけれどこの作品をはじめて読んだ頃は「秘密」がこんなにメジャーな作品に育つとは思ってませんでした。
青木さんも薪さんもまだ出てこなかったし。
ただ、完成度の高い短編だなあ、と感じました。
蛇足ですが、大御所漫画家の一条ゆかりさんが、この作品を読んで「口惜しい」とおっしゃったとか。
それほど一つの短編として、素晴らしいと思います。


■『秘密』のどの話が好き?
「秘密2003」今でも泣けます。あのラストシーンを思い出すだけで。。

■あなたは『メロディ』派? コミックス派?
雑誌も買ってるし、コミックスも買ってます。
家計を圧迫しますが(汗)、隔月なのでかえって助かってます。

■『秘密』以外の清水玲子作品、何を既読?
全部読んでます。

■あなたの『秘密』推奨カップリングは?
薪×青木!・・・と言いたいところですけど
私は苦しんでいる薪さんが結構好きです(鬼畜。。)

なので、
青木×雪子さん
・・おそらく少数派、超少数派ですよね(汗)。
でも青木さんは鈍くてノーマルなところがいいんです、私は。

■薪の萌えポイントは?
強そうに見えて、意外と脆いところでしょうか。
線が細くて綺麗なのに、強いところも。

■薪の好きなところは?
人に対する洞察力は物凄く鋭いところでしょうか。
しかし、私は薪さんの前には立ちたくないですね。正直怖いです。
職業柄一度見た顔は忘れてくれないというところも、怖い。
緊張で右手と右足が同時に出そう(汗)。

■岡部の好きなところは?
実直かつ勤勉を絵に描いたような岡部さん。
一緒に仕事をするなら、もっとも信頼できるタイプでしょう。

■好きな薪のカラーページは?
全部好きです。
・・では答えとしてつまらないので、5巻の表紙。
素晴らしいセンスです。

■岡部×薪な好きなコマは?
「秘密2008 A PIECE OF ILLUSION ACT.2」
病院で意識が戻った薪さんが、「岡部警部」と素晴らしい笑顔で(?)岡部さんに話しかけるところ。  

■岡部×薪な好きなシーンは?
『秘密2008 A PIECE OF ILLUSION ACT.2』
「あんたがもうひとまわりでかいムサイ男でオレが160センチの小男だったら同じ状況でもきっともっと正しい見解が・・っ」の一連のやり取り。

■岡部×薪な好きなセリフは?
「あんたがどんなキレ者だかしりませんが体はただの人間なんだ」

■岡部×薪を自由に語って下さい。
私は「秘密」にはあんまり同性愛を絡めて欲しくないなと思ってます。
いままでの作品と違って、「秘密」でそれをやられると、う~ん。
なんだか生々しく感じるんですよね。。
だからやっぱり尊敬できるボスと最も信頼できる部下の関係であってほしいです。

■薪は岡部をどう思っているか語って下さい。
安心して背中を向けられる、最も信頼できる部下。

■岡部は薪をどう思っているか語って下さい。
強いが脆い。賢いが詰めが甘いところもある、目の離せない愛すべき上司。

■岡部×薪で見たいシチュエーションを妄想してください。
忠実な大型犬岡部と戯れる薪さん(答えになってない。。)

■『秘密』はテーマと萌え、どっちが重要?
テーマです。

■薪を救えるのは誰?
青木さんも岡部さんもサポートしてくれるけれど、薪さん自身でしょう。
自分を救うのは、やはり自分自身です。

■最後に『秘密』について語って下さい。
娯楽とは程遠い内容、テーマなのに、なぜこれほど心に動かされるのか。
登場人物の一人一人に、私は愛着を感じます。

■終えて一言。
岡部さんって、容貌もさることながら、性質も今までの作品になかったキャラですね。
あえていうなら、高力士かな?
これからも薪さんを助け青木を叱咤激励し、「秘密」を盛り上げていって欲しいです。

■次に回す人を言って下さい。
もし私のブログを見てくださっている清水ファンの方がいらっしゃいましたら、よろしくおねがいいたします。

マイコプラズマとヘルパンギーナ

子供がいなかったら、こんな横文字の病気があるなんて知りもしなかっただろうな。。
まあ、私が子供のころは何事も大雑把だったから、ただ風邪だとか気管支炎だとかの診断ですんでいただけだろうけれど。

8月中ごろからしつこい咳に悩まされていた5歳の長女ですが、先週38度台の熱を出しました。
あ~、風邪をこじらせちゃったのかなとそう心配もせず、小児科に連れて行ってみると、
何と「マイコプラズマ気管支炎」という病気でした。
しかも重症で、もう少しで肺炎になりそうだとのこと。

ごめんねユリコ。気が付いてあげられなくて。苦しかったね。

早速先生から処方された抗生物質その他の薬を牛乳で溶かし、砂糖を少し加えて飲ませようとすると
「苦い。いらない。」と一口で拒否。。
牛乳で割ったのがいけなかったのかと、砂糖水で割ってみると

「いりません。バツ(×)です。あなた、あきらめましょうよ」


・・・なんだその倦怠期の夫婦のような受け答えは!

あきらめましょうよといわれて諦めるわけにはいかない。
「3日間苦いお薬を飲みきったら、何か一つだけ好きなおもちゃを買ってあげる」と清水の舞台から飛び降りた気持ちで娘に約束したら、何とか、しぶしぶ、涙目になりながらも3日間薬を飲みきりました。

そのおかげか、ユリコは快復に向かっていたのですが・・・、約束のおもちゃ。
近所のおもちゃ屋に入るなり、
「これだ!」とユリコは大きな箱を抱えて私よりも先にレジに走りました。

・・・レゴの青いバケツ・・・・
4200円!!

「まずいお薬飲んだご褒美!」と長女はキラキラしたおめめで、おもちゃ屋のおばさんに話かけます。
すでに顔見知りのおもちゃ屋さんは(普段無愛想なのに)、ホクホク。

ユリコ・・・あなた結構知能犯・・??

ユリコが快復し始めた頃、次女のマリコが39度近い高熱を出しました。
さては、マイコプラズマ、うつったか??
と、焦りながら、また小児科に急ぐと、今度は
「ヘルパンギーナですね。夏風邪ですよ」と言われました。

そういえば息子がよく罹ったな。
そのラテン女みたいな名前の病気。。

またしても飲み薬との格闘。

幸いにもこっちの薬はそれほど飲みにくくないらしい。
牛乳だけで割って、飲ませようとすると、

マリコは「もっとおさとういれてください。」と駄々をこねます。

「このお薬はもともと甘いでしょ。お砂糖入れたら甘すぎるよ。虫歯になっちゃうかもよ」と諭したら

「あなた。なにさまのちゅもりなの!」

母上さまのつもりでございます。おぜうさま。
どこでそんな言葉をおぼえたのでございますか。
やいこら、三歳児!

2人の病気がピークを過ぎた頃、今度は私が発熱しました。
神様私にもご褒美ください。。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。