三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒いランドセル

長女が4月から小学校に入学します。

色白でお目目パッチリの可愛い娘(あくまで親の目フィルターを通してです)、そのつやつやのストレートの綺麗な髪を長く伸ばして、襟にフリルのついた純白のブラウスと、清潔感のある紺のスカートをはかせ、赤い新品のランドセルを背負わせたら、どんなに可愛いだろう。


ところが。。。

私  「娘一号(仮名)。髪の毛伸ばしてみない?きっと似合うよ」

長女 「短いほうがいい。うんと短いほうがいい。かっこいいから」


私  「赤とかピンクとか、可愛い色の服を着てみない?」

長女 「嫌い。黒かグレーか、銀色がいい。ダース・ベイダーっぽいから」

私  「スカートとかワンピースとか着てみない?」

長女「女みたいで、やだ」

私「・・・・・」



あなたは、女だっちゅうの! 

長女「ランドセルは、黒にして。ダース・ベイダー色」

・・・・

これは個性か?個性と見るべきなのか?

以前長女は某占い師に、型破りで幼い頃は親を惑わせることがあるけれど、強い個性を生かして将来成功する、と言われたことがあります。

まさか、将来はおなべタレントか?

私が子供の頃は、ランドセルの色は男は黒、女は赤と決まってけれど、今はピンク、緑、茶色、紺色・・と何でもありなんだそうですね。

小学校の入学説明会で、こっそり先生に

「娘が黒いランドセルを欲しがるんですが、いけませんよね?」

と聞いてみましたが

「まったく問題ないですよ。今は自由ですから」
とのことでした。

仕方ない。

買ってあげるか。

黒いランドセル。。

スポンサーサイト

ナルト

漫画好きの親友から、かねてから「面白いよ!」と聞いていた「ナルト」。

一度読んでみたいと思いつつも、50巻近い長編だし、40過ぎのオバサンが今さら週刊少年ジャンプの漫画~?という気恥ずかしさもあって、なかなか手を出せずにいました。

ですが、一緒に役員をやっている幼稚園の母友達に、幸運なことに漫画好きの方(ヲタク仲間とも)がいて、このたび既刊49巻を一気読みすることが出来ました。


面白い!

なんて面白いんだ!

やっぱり面白いものは読者がいくつになっても面白い!


おかげで10年ぶりに(スラムダンク掲載時は時々買っていました)、週刊少年ジャンプを買ってしまったではないか。


今はダークゾーンにいるけれど、私はサスケがお気に入りです。

美形で、気位が高く、どこか近寄りがたく、やたら強くて、扱いにくく、でもどこか幼さを残している。

主人公ナルトとはライバルだけれど、実は精神的に一番近いところにいる。


どこかでみたぞ。このタイプ。。


流川楓だ


かってスラムダンク中毒だった私には、それ以降の少年漫画が、どうしても「スラムダンク」にかぶってしまうのでした。。

我愛羅は三井で、サクラちゃんは晴子で。。


しかし、バスケットで人は死なないけど、「ナルト」の世界は命がいくつあっても足りない。

サスケなぞ、香燐がいなかったら一体何度死んでるんだか。。

それなのに・・。嗚呼。。


久々の更新が、こんなヲタ話で失礼しました













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。