三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

来年の大河関係書籍

来年の大河ドラマは浅井三姉妹の末娘、お江が主人公なので、書店では浅井三姉妹をテーマにした大河便乗本が平積みにされています。

浅井三姉妹、特に長女の茶々姫ファンの私としては、出版物の多いのは嬉しいのですけれど、あまりにも本の数が多すぎて、全てを買って読むことはとても無理。

パラパラとめくってみて、おおまかな内容と執筆者を確認してみて、・・という書店様には迷惑なことをしてしまっています。

やっぱり情報の質の良くないものもあるし、以前出版された本の再録に過ぎないものもあるし、何より茶々姫をコテンパンに貶しているものは鬱になるから絶対に見たくないです。

立ち読みの言い訳はここまでにして。

「江」関係の書籍で目を引いたものは、


まず、「江の生涯 将軍家御台所の役割」福田千鶴

一番面白かったです。
この本は他の大河便乗本とは、一線を画しています。
前著作のミネルヴァ書房の「淀殿」と同じく、一次資料を用いて独自の視点で自説を展開されています。

ドラマや小説では次男を贔屓したとか春日局と対立したとか、知られつくした人のようなお江ですが、ここまで史実のお江について追及された方はいらっしゃらないのではないでしょうか。

以前、歴史の嫌いな人が、「歴史なんて使い古されて黄ばんだノートをめくるようなもの。暗記するだけでなんの変化も面白みもない」と私に言ったことがあります。

ただ年号を丸暗記するようなやり方の受験勉強や、通説や俗説を鵜呑みにするような歴史の学び方は、なるほど「黄ばんだノート」なのかもしれません。

でも歴史学だって、科学のように、あるひとつの発見によって、それまでの通説がひっくり返されることだってあるのではないでしょうか。

福田千鶴先生の新説は、あまりに従来の通説と異なっていることもあり、歴史学に詳しい方には異論があるのかもしれません。

私も著者の打ち出されている新説全てを首肯するわけではなく、また真偽を云々するほどの教養もないのですが、素人の私にも、非常に興味深く読めました。

歴史は黄ばんだノートではない。日々進化し、生きているものだ。と、と感じさせてくれる一冊でした。

ただ、この時期に出版されていながら、福田先生、NHKに媚びる気はまるでないようですね

毅然としてて、好きです。


・週間漫画日本史「お江」
書店でこっそり立ち読みしようとしていたら、近くのレジにいた店員さんが
「そこで読むなよ。そこで・・」と小声でつぶやいているのが聞こえてきて・・、恐ろしいので買いました。
「立ち読みはご遠慮ください」とはっきり言われるより、怖かったです
いえ、悪いのは立ち読みで済まそうとしていた私なんですが~。

しかし、この漫画版「お江」当たりでした。
何と言っても茶々が聡明で誇り高くて、素敵なんです。
渋々買い取った甲斐があったというもの。。

・小和田哲男先生の本2冊
小和田哲男先生は、戦国史の池上彰だと私は思っています。
温和で知的な風貌と相まり、ゆるぎない安心と安定感が。
でも以前買った本の再録部分がほとんど、でした。

・江史跡紀行 戦国三姉妹の生涯を歩く 新人物往来社刊
淀殿の項が執筆者が大阪城学芸員の北川央先生だったので購入。

作家の書いたものや、内容の浅いもの、内容が古くさいと思われるものは、とりあえずスルー。
世間の評価を見て、中古市場が図書館で当たろうと思っています。

また、茶々姫ファンのご同士、紀伊さまの書評やご意見は、どこの情報よりも参考にさせていただいております。
この場を借りてお礼を

さあ、我が恋せし浅井三姉妹の大河ドラマ、どうなることやら。。
スポンサーサイト

シイタケ栽培

コンビニで、こんなものを見つけました。

きのこ3

私の友人もそうなのですが、東京ではベランダなどでミニ家庭菜園を作り、ささやかな自給自足をする人たちがいます。

このグッズもそうした一人暮らしの人に向けて売られていたのでしょう。

価格は確か900円程度。

決して安くはないのですが、自分で収穫する楽しみを知れば、しいたけ嫌いの子どもたちももしかしたら食べるのではないか、それにちょっと面白そう、と思い切って購入しました。

開けてみると・・すでにチビしいたけらしきものがにょきにょきと・・。

注意書きを見ると、

「ご購入後はただちに栽培を始めてください。しいたけが箱の中で発芽してしまいます」


そうか。

店で売れ残っているうちに、発芽しちゃったのね。

でも、それならはやく収穫できるかも。


説明書には二週間程度で収穫できますとあったから、もしかしたら10日ぐらいでマイしいたけが収穫できるかも。


しかし、一日に一度霧吹きで水をかける程度で、ホントにしいたけってできちゃうもんなのか?



そして、

5日後。


なんとしいたけはこの状態に。

きのこ2
きのこ1

せ、狭そう。

人口過密な東京で育てると、しいたけもこのように密集してしまうとか・・?
まさか。

まだ5日しかたってないけど、窮屈そう。

説明書にかさの下にひだが出来ていれば、収穫してもいいと書かれていたので、全部はさみで取ってしまいました。


さて

あまりにも育て方が適当で、しかも5日で収穫できてしまったマイしいたけ。

誰に食わそう


夫は

「いらない。たまちゃん(私のこと)が食べて、二週間ぐらいしても異常がなかったら、食べてもいい」

と言いました。

私が毒キノコでも栽培したと言うのけ??


マイしいたけは、結局、バターで炒めて醤油をちょっとたらす、という何の工夫もない調理をして食卓に並べました。

が。

美味しかったのですよ。ちゃんとしいたけの味だったし。


夫も私に毒見役をさせるまでもなく、かなり食べてくれました。

子どもは不気味がって、見向きもしなかったけど。


作物を育てるってすばらしい・・・。

ズボラな女でも育てられるきのこって、可愛い。

ただいま二回目の収穫にトライ中です。

つぎは子どもが食べられるように、茶碗蒸しにでも入れてみようか。

ヒステリー

恥ずかしいことに、私は気分屋です。

外ではできるだけ我を出さず温厚そうに振舞ってはいますが、内面(うちづら)はあまりよくありません。

突然不機嫌になってふさぎ込んだり、夫や子どもに当たってしまうことがままあります。


おととい、疲れがたまっていたのと、ここではあまり書けませんがもろもろのストレスとで、つい、やってしまいました。

夕食の支度が終わったので、

「テーブルの上を片付けて」と娘二人に命じたのですが、

二人はアニメに夢中で、気が付きません。


もう一度、

「もうご飯だからテレビは消して、テーブルの上を片付けて」

娘たち、今度は聞こえたようですが、それでも知らん振りを決め込んでいるようです。

テーブルの上には、クレヨンとスケッチブック、DSのソフトが散乱したままです。



私は思わずカッときて、

つかつかとテーブルに歩み寄り、

「そう。じゃあ。これはもういらないのね。捨ててもいいのね」と

テーブルの上のものを床の上に、ば~んと叩きつけてしまいました。


カーペットの上に散乱する12本のクレヨン、末っ子の絵の描かれているスケッチブック、ばらばらになったゲームソフト。

娘たちは私の剣幕に、呆然としています。


それから、

「ごめんなさい。ごめんなさい」と繰り返しながら、長女は声を上げて、二女はしくしくと泣き始めました。




すると、


長い廊下を隔てた自室にいた長男が、妹の鳴き声を聞きつけて駆けつけてきました。


一目見て息子は事情を察したのか、

「ゆりちゃんまりちゃん。あのね。ご飯の時にはちゃんとお片づけしなくちゃだめでしょ。
お母さんは忙しいんだから」

と、妹たちをなだめ、散乱したおもちゃを片付けはじめました。


「クレヨンはもとのケースに戻して、DSのゲームはここにしまおうね」

妹たちにも分かっているはずの手順を、丁寧に教えています。


年の離れたお兄ちゃんのとりなしで、妹たちの機嫌も直り、私は己の未熟な行動を反省したのでした。


息子、もといおポンチ小僧は、運動も勉強も苦手ですがいつも温和で、気分の浮き沈みというものがありません。
大抵いつもニコニコしていて、どういう環境にあっても敵を作りません。

これは息子の長所だと思います。



あとで息子に

「ごめんね。ありがとう」
と、感謝の気持ちを伝えると

「いいの。でもね。あなたのヒステリーは、ちょっと異常だわ」

と、言われました。


うん。

そうだね。

いい年した中年女なのに、きいきい言ってちゃみっともないね。

本当に。


だ、だが。

しかし。

私の頭の中に、大和ハウスのコマーシャルのBGMが流れました。

息子よ。なんでオネエ言葉なんだ。何で・・???