三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びドルフに会えた日

ドルフ
10月23日。東京。

某占い師が東京直下型地震が来ると予言していたこの日。
(信じない~と言いつつもビビリました)

千駄ヶ谷の東京体育館にて、極真空手の世界大会が行われました。

今年はなんと、ドルフ・ラングレンが演舞を披露したのです。

ドルフファンの皆さんとオフ会をした1999年の世界大会以来ですから、実に12年ぶり。


前回と同様、ドルフファン仲間として長年お付き合いさせていただいているぽうらさんにお誘いいただきました。

空手のルールすらまるで分からない、ただのドルフファンの私などが再びここにくることが出来たのは、ひとえにネットを通じてのドルフの縁、ぽうらさんのおかげです。

さて、演舞。

長渕剛が演舞のBGMを担当すると聞いて、少々不安でした。

「エクスペンダブルズ」日本劇場版で流れた長渕のエンディング曲は、あまりにも自己主張が強すぎたからです。

歌自体は嫌いではないのですが。むしろインパクトがあっていい歌なんですけどね。


あの調子でドルフの演舞に重ねて流されると、観客が日本語の歌詞に気をとられるのではないか、演舞の印象が散漫にならないか、なによりドルフが演舞に集中できないのではないか。

もろもろの不安を抱きつつ、ドルフの登場の時間を迎えました。

ライトアップされ、スモークとともに姿を現す、道着姿のドルフ。

やはり、大きい。

ものすごいオーラ。

そして、美しい!

髪は長めで、「エクスペンダブルズ」のガンナー・ヤンセンそのままの髪型でした。

そういえばこのときはブルガリアで「2」の撮影中。

このためにわざわざ来日してくれたのだそうです。


流れるような組み手、演舞。そして会場を大いに沸かせたクライマックスの氷柱割り。

大観衆の声援にこたえるドルフ。


そして、ドルフは緑健児代表と音楽担当の長渕剛を壇上に。

二人と肩を組んで、観衆の声援にこたえます。

・・・・

ドルフを夢中で観ていた私。ここでようやく思い出しました。

音楽が長渕作曲のものだったことを。


このときの音楽は映画とは違い、インストルメンタル。

悪目立ちせず、演舞から観客の注意をそらさず、かつドルフの演舞を盛り上げていました。

演舞に重ねる音楽として理想的なものだったと思います。

前回は確か「ミッション・インポッシブル」がBGMだったのですが、あれよりもずっと良かった。

ドルフとともに壇上に上がる長渕剛の目が、このとき少し潤んでいるようにも見え、にわかに彼のファンになりました。

「がまんがならねえ」買おうかな。いまさらだけど。。


さて、大会が終わり、表彰式が終わった後、ぽうらさんとともにドルフに近づく機会を狙っていた私。

記念撮影する入賞者をぽけ~と眺めていたら、いきなりすぐ近くを通訳と思しき男性とドルフが!!

さ~っとスマートに通り過ぎていったのでした。


ドルフドルフ。

東日本大震災のとき、日本に優しいメッセージをどうもありがとうございます。

そしてまた、この時期に来日してくれてありがとうございます。

空手着もいいけど、やっぱりスーツもかっこいいです。

やさぐれたガンナー・ヤンセン役も、素敵です。



海の向こうのハリウッドスターである貴方を、リアルで2回も見られて嬉しいです。


どうかまた来てください。

「エクスペンダブルズ2」の公開のときも、来日してください。

それをたのしみに、2012年も頑張ります。
スポンサーサイト

復活しました。

私の愛用パソコン、晴れて復活しました

新しいのを購入したのではなく、息子が床に落として壊しやがったPCを、度重なる私の恫喝・・、いえ哀訴に耐えかねたのか、夫が直してくれたようです。

掲示板などの書き込みや、小さな調べ物は携帯でもできるけど、やっぱりパソコンがいいです。
何をするのも。

古くとも手に馴染んだこの可愛いパソコン、お別れしなくてすんで良かった~。

費用、結構かかったんだろうな。

まあ、気にするまい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。