FC2ブログ

三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

揺れる揺れる、また揺れる。

朝方立て続けに地震が二度ありました。

昼過ぎにも一度。

しかもドン、という大きな縦揺れから横揺れするという、いやな感じの地震。


4年内に東京直下型が起こる可能性は70%だといいます。

いつ大きな地震が来てもおかしくない、とは分かっているんですが、あと何年のうちにとか何パーセントとか言われると、余計に落ち着かなくなってしまいます。


おとといだったか、小学校でPTA役員仲間とミーティングをしているときにも、大きくはないものの縦揺れの地震がありました。

そこまではバザーの準備についての話し合いだったのが、大地震が来るのは避けられないとして、どういうときに起こって欲しくないか、という話題に変わってしまいました。

電車や地下鉄の中など、身動きできない状態で災害にあいたくない。

日中家族がばらばらになっているときに、起こって欲しくない。
安否確認に手間取るし、帰宅が困難になるから。

そしてみんな口をそろえて言っていたのが、子や夫を失って、自分ひとり生き残りたくない。
死ぬなら家族全員で、何が起こったのかわからないぐらいに、あまり苦しまずに死にたい、と。


幼い子供にとって一番恐ろしいことは、親(特に母親)を亡くすことらしいです。

親にとって一番の恐怖は無論、子に先立たれること。


そういう悲劇が阪神大震災でも東日本大震災でも、数え切れないほど起きました。

何とも痛ましく、さぞ辛い思いをなさったことだろうと、察するに余りあります。


人はいつは死ぬのだけれど、出来れば布団の上で、長幼の順は守って、穏やかに人生終わりたいなと最近思います。

いえ、たとえ自分は穏やかな最期でなくとも、逆縁だけは絶対に嫌です。


ネガティブな想像をしていてもしょうがないので、出来るかぎりの地震対策を。

阪神の震災で、私の遠い親戚が転倒した家具の下敷きになって、亡くなりました。

箪笥の固定、観音開きの食器棚の扉がロックされているかどうか、しっかり確認せねば。


明日は息子の部屋の洋服箪笥に設置する、「芯張り棒」を買ってきます。
スポンサーサイト