三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白い影法師」を知ってますか?

うだるような暑い日、小学校でPTAの集まりがありました。

ちょっと休憩してお茶を飲んでいたときに、誰からということもなく、話題が「怖い話」に移行しました。

やはり暑い夏には怪談です...、って私は実は超怖がりなんですが~。


リアル怖い話(や~め~て~)がひと段落したあと、

いつも穏やかで上品なお母さんが

「あのマンガ、怖かったなあ。白い影法師!」

それに続いて他のお母さん方も

「みないすずえの!(みうちだよ!)」

「机の下から女の子がどーんと!」

「怖かった怖かった!」

と、続いたのです。


みんな、あのころマンガ読んでたんだ。

少女マンガを読んで育ったんだ。

私は今でもマンガ読んでる中毒者だけど、こんな上品で良識のありそうな奥様方が、マンガを読んで育ったんだ。


と、おばさんオタクの私は、お母様方が急に身近に感じたのでした。


お母様方のマンガ談義は終わらず

「黒百合の系図も怖かった!」


「洗礼も怖かった。あの女の子の脳みそを・・」

「恐怖新聞もうしろの百太郎も・・」

と、もはや少女マンガの範疇を超えてきました。


そうか。みんなマンガ好きなんだな~と親近感を覚えた矢先

「そういえばあのころの漫画家さんってどうしているんだろう」という話題に移行。


私が美内すずえは「別冊花とゆめ」にて「ガラスの仮面」連載中。今休載。

萩尾望都は「フラワーズ」にて現役。

最近震災と原発をテーマにした「なのはな」を刊行し、各所で話題に・・。

などと説明したら、若干引き気味になってしまったような。。。


今でも私、マンガ好きです。

足を洗えないです。

だって、年をとっても面白いものは面白いもん。

「白い影法師」、また読んでみたいな。

白い影法師 (ミミKC)白い影法師 (ミミKC)
(1976/03)
美内 すずえ

商品詳細を見る


黒百合の系図 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選)黒百合の系図 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選)
(1997/09)
美内 すずえ

商品詳細を見る






スポンサーサイト

「秘密」連載終了。

先月発売の「メロディ8月号」で、清水玲子先生の「秘密」の連載が完全に終了しました。

8月号に掲載されていたのは番外編で、清水さんも柱で「蛇足とは思いましたが、時間が経つともう描けないので」と仰っていましたが、主人公青木のその後と彼の成長を知ることができて、ファンには嬉しい一編でした。

10年以上に及ぶ連載。
回を重ねてもそのクオリティは全く落ちず、清水先生の引き出しは一体いくつあるんだろう、と驚かされっぱなしでした。

またこの作品は各所で話題になり、読者層をぐんと広げました。

もはや清水玲子は、少女漫画家の枠には留まらない方になったように思えます。


でも

「秘密」のラストは、清水先生の初期の作品を思い出すような、読者へ想像の余地を与え、きれいな余韻を残すものでした。

こういうラストシーンは、清水玲子でなければ描けないと思います。


清水先生。長い間お疲れ様でした。

12月号(10月28日発売)から新連載がはじまるとのこと。

首を長くして、楽しみに待っております。




新パソコン

久々の更新です。

実は先月、10年近く愛用してきた私のノートパソコンがとうとう完全に壊れてしまったのです。

接触不良とかで、画面もまったく映りません。

思えば初めて私のために買い与えられたパソコン(最近は子供のおもちゃになっていましたが)。


愛着もそれなりにあります。


掲示板管理したり、ブログはじめてみたり、同じ趣味の仲間と出会えたり、○ちゃんねるにブログのアドレス晒されて引越ししたり、いろんなことがあったなあ。。

今までありがとうね。
私のデルちゃん。


さて、先週。

私の「マイパソコンほし~!ほし~!買え、買ってくれ」の連日コール。

果ては

「いいよねあなたは。自分の育った家に住んで親と一緒で、自分専用のパソコンも持っててさ」

と、ひねくれ攻撃をした成果か、


買ってくれました。


うるさい妻の口封じ。

格安ノートパソコン。


今初めて新パソコンでこれを書いているわけですが、前の愛機とキーの配置が若干違う。

しょっちゅうミスタイプしてはデリートしてます。

鈍臭いわたし。。。


早く慣れねば。


とりあえずネット復帰できました!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。