三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディ2月号

ここのところずっとブログ放置状態ですが、清水玲子愛を語るためだけに細々と続けています(〃▽〃)
備忘録も兼ねて。

さて今月号の「秘密 season0」

桜木さんのお母さんの、優しさと苦しみが胸に迫りました。

強姦で出来てしまった子など、堕胎することを当然考えたでしょう。
でもこの人は産んで、愛そうとした。

もしかしたら夫との子かどうか分からないので、そちらの方に「賭けた」のかもしれない。
でも、その願いは打ち砕かれてしまった。
幼児の桜木の描く絵と、死刑囚永江の描く絵の「ある共通点」を見つけてしまった。

桜木さんのお母さんには、事件当時もう大きな大人の子供がいました。
と、いうことは彼女はあの時もう、40代半ばぐらいの年だったのでしょう。
この先子供を授かることは、ほぼない年齢です。

私も同年代なので、「産む」決断をしたこの時の彼女の心境を、いろいろ考えてしまいます。

子育ての楽しさ苦しさは、熟知しているはずのお母さん。
子供はもう育ちあがり、自分も年をとって、もうおそらく新たな命を授かることはない。

酷い経験をして、妊娠に気付いた彼女は、ただ、新しい命を「惜しい」と感じたのではないでしょうか。
若い時なら、迷わず堕胎の処置をしたのかもしれません。

私ももう子供を産むことのできない年なので、堕胎を軽々しく捉える人(大抵男ですね)が心底嫌いです。
命をなんだと思っているのかと。
強姦や近親相姦などの痛ましく悲しい事情があるのなら勿論別ですが、基本授かった命はあれこれ考えず産んでしまえ、と思っています。
後々産まずに後悔するぐらいなら、産んで後悔した方がまだましだよ、と。
子供を授かれる時は、女性の場合は限られています。いつまでも若いと思いなさんな。
高齢だろうが未婚だろうが不倫だろうが、授かれる時に産んでしまえ。
命が勿体ない。あまりにも勿体ない。

桜木さんのお母さんは、酷い体験の「結果」である子供を産んで、その上自分で愛し、育てた。
これは誰にでも出来ることではありません。

話がそれますが、「アンジェリク」という大河小説の、主人公アンジェリクと娘オノリ―ヌの関係を思い出しました。
(「アンジェリク」は木原敏江先生が漫画化されていますが、原作は文庫で26巻と長く、波乱万丈で結構残酷な場面も多い小説です。でも面白いのは10巻ぐらいまでで、あとはかなり退屈だったりします=^_^=)

オノリ―ヌは強姦で産まれた子です。アンジェリクははじめ彼女の存在を憎み、堕ろそうとするけどうまくいかず、産んでからも捨てようとしたりと、まあ当然の反応をします。
が、それまで産んだ子と違い、オノリ―ヌはアンジェリクのみを頼りとして生きる小さな命です。
自分の愛を乞うオノリ―ヌの世話を、自らの手でするうち、アンジェリクの心は「どの子よりもこの娘を愛している」と言うほど変化していきます。
子供は、親とは別の、一つの命なのです。

桜木さんのお母さんと、貴族の美貌のお姫様を重ね合わせてしまいました。

桜木さんが薪さんに敵愾心を持つのは何故でしょう。
単に美貌のエリートへの嫉妬と捉えるには、何か根がありそうな・・。

でも桜木さんとお母さん頑張れ、と思った今月号でした。

関口は本当に、冤罪だったのか。

ここまでなかなか予想外の展開でしたから、何かまたどんでん返しがあるのではと思ってしまいます。









スポンサーサイト

「秘密」映画 続報

「秘密」の映画情報。
追加キャストの発表があったんですね。
毎度情報が遅くて申し訳ありません。

追加キャスト発表
(以下記事より引用)

『るろうに剣心』 シリーズで興行収入3作合計130億円を超える大ヒットを記録した大友啓史監督の最新作で、生田斗真主演の映画『秘密 THE TOP SECRET』 。本作は、死んだ人間の脳から<過去の記憶を映像化>できるMRIスキャナーなどの最先端科学技術を用いて難事件を読み解く「科学警察研究所法医第九研究室」、通称「第九」の活躍を描く作品だ。


既報の通り、天才的頭脳の持ち主だが、心にトラウマを抱える第九の室長 ・薪剛には生田斗真。新たに第九に配属された捜査官・青木一行に岡田将生。法医第一研究室監察医・三好雪子には栗山千明。そして映画オリジナルの役として、所轄署の刑事・眞鍋駿介に大森南朋という、理想のキャスティングが実現している本作だが、脇を固めるキャストが新たに発表された。


発表によると、薪の大学時代からの親友で、薪とともに第九を立ち上げた鈴木克洋を松坂桃李、薪のトラウマを知る精神科医・斎藤純一郎をリリー・フランキー、家族を惨殺した罪で死刑囚となった露口浩一を椎名桔平が演じる。さらに、冷静沈着で現実主義の第九捜査官・今井孝史役を大倉孝二、読唇術に長けた天地奈々子を木南晴夏、室長薪を支える副室長・岡部靖文役を平山祐介が演じるとのこと。今回、実力派俳優が集まった新キャストの発表に合わせ、松坂桃李、椎名桔平、大友監督から、本作に対する思いを語ったコメントが届いた。


松坂桃李コメント

初めての大友組は血湧き肉躍る、まさにそんな現場でした。あっという間に過ぎて、終わる頃には「え!もう終わり?またやりたい!すぐやりたい!」と思ったほどです。濃厚で贅沢な時間が流れていました。大友監督は、とことん役者に寄り添い、やる時は徹底的にやる。そんな豪快で鋭い監督が僕は好きです。「秘密」という作品を通じて、大友監督と出会えてよかったと心から思っています。


椎名桔平コメント

大友監督とは初めてでしたが、以前からご一緒してみたいと思ってました。個性的な監督さんのイメージがあったので、ある意味ワンマンな現場を予想していたんですが、これが違った。驚くほど緻密に構成されたシーンを、その時々の柔軟性を伴いながら、そして、スタッフと俳優を楽しませながら次々に撮っていく。禁断のストーリー、近未来の世界と過去の脳内映像の対比、拘ったコスチューム、などなど興味が尽きない。公開が待ち遠しくて堪らない。


大友監督コメント

この映画に登場する人物たちは皆、他人には決して明かせない「秘密」を心の奥底に抱えています。そしてそれは、綺麗ごとではない日々の生活を、等身大で生きる私たちの姿そのものです。表現力豊かな俳優たちが、その魅力を、愛しみ、楽しみながら演じてくれました。「秘密 THE TOP SECRET」、どうぞご期待ください。

映画『秘密 THE TOP SECRET』


2016年8月全国公開


【ストーリー】死んだ人間の脳をスキャンして、記憶を映像化するシステムが発明された。エリート集団・科学警察研究所法医第九研究室〜通称「第九」〜が最新鋭の捜査を始める。天才的な頭脳をもつ室長、薪剛の指揮のもと、第九に配属されたばかりの青木や捜査官達は、家族を惨殺し、死刑を執行された男の脳の捜査を開始する。ところが、モニターに映っていたのは、事件以来行方不明になっている、その男の娘、絹子のナイフを持った姿だったー。驚愕する青木たち捜査官。ただ、それは、これから起こる事件の序章に過ぎなかった――。

(引用終わり)

死刑囚露口が登場するという事は、絹子の話を取り上げるのでしょうか。
ということは、ZIPの脳を観る、あの号泣必至のシーンが映像化されるということ・・??

松坂桃李さんの鈴木、椎名桔平さん、リリー・フランキーさん・・、新キャストも豪華ですね!

どういうことになるのか、期待半分不安半分ですが、映画はまた別の作品と割り切って楽しみたいと思います=^_^=
8月公開予定とのこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。