三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

2017年03月 の記事一覧

メロディ4月号

「秘密season0 増殖 act4」
今回は読んでいて辛い。子供が惨い目に遭う話は本当に辛いです。
特にこういう閉じられた世界で、しかも集団生活で、本来守ってくれるはずの大人の庇護を得られないなんて、地獄です。
かってのオウム真理教を思い出しましたが、こういうカルト村、本当にありそうで怖い。
子供たちが明るく屈託がないところがまた辛い。
どうか児玉に天誅を。

深刻な展開なのに、時々入る息抜きコメディシーンがとても好き。

波多野 「つまりこれって大奥ですよ。 殿の寵愛をだれがあるいはどの子が一番に受けるのか!ってやつ」
薪さん 「?え?」
波多野 「だから!みんなが言ってる薪室長の一番のお気に入りの部下は岡部室長か?イヤイヤ青木室長だろ!ってのと同じです」
薪さん 「・・・・?・・・・?・・・・?」
波多野 「私は岡部室長に一票!」

波多野。恐ろしい子・・・・!

「大奥」はやっと家定が幸せになれて良かった。。けどこの後おそらく家定は亡くなるんだろうな。
束の間の幸せに過ぎないのが見えているので、切ない。

樹なつみの「一の食卓」が今月すごく面白かった。
「おまえが仕事をするうえで 女である事を悩む それに近い苦しみを味わっていた
それは身分の差 あらがえばあらがうほど泥沼に沈む深い苦しみだ
武士階級とはなばかりの下級武士 町人 百姓
身分を越え歴とした武士になりたいと 必死で のたうちまわって 喰らいついていた
奴らはやりとげたと思う 武士以上の武士となって死んでいったからな」

斎藤一のこの言葉、とても心に響きました。
差別というものは性差ばかりではありません。

「花花」は、憲人頑張れ、と心から思いました。
いい人と良すぎる人、嫌われる境目はどこに。
渚ちゃんママを説得できるか?




スポンサーサイト