FC2ブログ

三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

メロディ2月号 「秘密season0 冬蝉」

また新しい年が明けました。
最近時間に加速がかかっているようにすら思えます。時の経つのが早すぎます。。

今月の「秘密」の感想の前に・・、先週実家の元私の部屋を掃除した際、机の奥深くから古い便箋を見つけました。
いかにも子供が使いそうなファンシーなものだったので、娘の落書き帳にでもなるかと中を見てみました。すると・・・!

なんと30年前私が出そうとしていた、清水先生宛てファンレターでした!

もう、一人誰もいない部屋で恥ずかしさにのたうち回りましたよ。
清水先生に対して妙に馴れ馴れしいし何が言いたいのか分からないし字は下手くそだし。

せめてもの救いは、未投函だったことか。

でも私、あの頃何通か清水先生にファンレター出してました。
一度は清水先生からお葉書を頂いて、ものすごく嬉しかったのを覚えています。

しかし、あんな稚拙な内容のお手紙を送りつけていたのか。。清水先生ごめんなさい。
もう顔から火が出そう。゚(゚´Д`゚)゚。
30年前の書きかけ手紙は娘にでも見られたらこの先ずっとからかいのネタにされそうなので、誰にも見られないように厳重に破いて袋に入れて捨てました。

そんな出来事があったので、私は薪さんの方を支持します(゚∀゚)
死者の脳を見るのは、犯罪の解決のためやむを得ない場合だけにしてほしい。

(アンタの脳に後世に伝えるような知識なぞ何もないだろうというツッコミはさておき)人には誰にも見られたくない過去があるのです。
哀しいことつらいことだけでなく、今思い出してももんどりうって暴れたくなるほど恥ずかしい出来事の数々が、数々数々数々が、人には(私には)あるのです。
それをたとえ死んだ後でも衆目に晒されたら、少なくとも私は成仏できません

さて、今月の「秘密」。
とてもシリアスな展開でした。
住田冴子先生がとても哀しい。
彼女の行動、決断は正しくはないけれど。
短い人生で、望んだとおりにうまくいかなかったこと、やりつくせなかったことの無念。
そして、伝えきれなかったことへの無念もあったはずです。
彼女を愛し、無条件に肯定してくれた夫へ。

「私の脳を見ないと約束して」は、とんがっていた冴子先生の、夫への愛の告白なのだと私は思いました。

「冬蝉」はこれで最終回ではないようですね。
次回の展開が楽しみです。

しょげてる薪さんをだれか救ってあげてください。
スポンサーサイト