三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッシェルおじさん

向田邦子のエッセイに、こんな話が載っていました。
「荒城の月」の歌詞、「めぐる盃 かげさして」を、向田さんは長いこと、「眠る盃」と誤解していたと。。
ぐうぐう寝てる、小さな盃・・・。落城の悲壮な歌が、一気にメルヘンになってしまいますね(笑)。

でも、歌詞の聞き間違い、覚え間違いって、結構身に覚えがありませんか?

私の場合は、「およげたいやきくん」です。

「ある朝 ぼくは 店のおじさんと けんかして」のところを、私は

「ある朝 ぼくは ミッシェルおじさんと けんかして」

だと、思っておりました。

うんうん。フランス人って高飛車だっていうもんね。よく知らないけど。。

小学生のとき、ずっと「ミッシェルおじさん」と歌っていましたが、誰からも突っ込まれなかったです(笑)。
真実を知ったのは、息子と一緒に、「おかあさんといっしょ」を見てからでした(汗)。

もう一つ、あります。

お若い方はご存じないかと思われますが、ばんばひろふみ?の「いちご白書をもう一度」という曲です。
フォークソング全盛期の、ちょっと寂しい旋律の曲ですが、

「就職が 決まって 髪を切ってきたとき もう 若くないさと 君に言い訳したね」

のところを、私は

「就職が 決まって 髪を切ってきたとき もう落第さと 君に言い訳したね」

だと思っておりました。

せっかく就職先が決まって、将来の生活設計を立てることが出来て、彼女との交際も結婚に向けて
順調!かと思われたのに・・、大学を落第して卒業できなくなって、就職の話も将来の生活設計もおじゃんに。
・・それで彼女にお詫びとして頭を丸め、言い訳したのか、・・・にもかかわらず振られてしまったのね。

などと勝手に解釈しておりました。

そういえば当時は、男の長髪って珍しくなかったですね(汗)。

ついでに、歌のタイトルも、「いちごハクションをもう一度」だと思ってました。

いちごハクション・・・、どんなくしゃみだ???
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。