三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

誰も知らない

主演の柳楽優弥少年が、カンヌ映画祭で主演男優賞を受賞したというこの作品、遅ればせながらDVDを借りてみてみました。

父親の違う4人兄弟が、母親に捨てられ、子供達だけでアパートで生活する羽目になる。
警察に行けば保護してもらえるけど、兄弟ばらばらで養護施設に入れられるのは嫌だ。
母親ははじめ現金書留で生活費を送ってくるが、やがてそれも途絶えて・・。

兄弟の面倒を見る長男役の柳楽優弥の、自然な演技が素晴らしい。
長男の、悲しみをたたえた静かな瞳が、観終わった後も心に残ります。。

この話は、実話を元にして作られているそうです。

1988年に起きた「巣鴨子ども置き去り事件」
当時は世間を騒がせたようですが、何故か私の記憶にはありません。
このころは、「女子高生コンクリート事件」など、陰惨な事件が多かったからでしょうか。

映画では、幼い次女は転落が原因で亡くなりますが、実際の事件では、長男と、その遊び友達(映画にも出てきましたが)に殴られ、蹴られて死んだ・・のだそうです。。
悲惨すぎます。哀れすぎます。

全ての元凶は、無責任な母親なのですが、現実の事件での長男は、柳楽優弥少年のような健気な少年ではなかったでしょう。

映画の完成度が高いことは確かだし、柳楽優弥の演技は必見ですが、もう一度、観たいかと思うか?と聞かれれば・・、もう観たくありません。

子供達が余りに哀れすぎて・・・、悲しい気分になりました。

この映画のせいで、母親役のYOUが苦手になってしまいましたよ(苦笑)。
誰も知らない 誰も知らない
柳楽優弥 (2005/03/11)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する