三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

父をたずねて三百メートル。。

日曜日に、近所の町内会が寄り集まっての、防災訓練がありました。

大人は無論、子供も時間があれば参加してください、という事前のお達しがあったので、夫と息子、私と百合子の4人で、訓練の行われている江戸川橋交差点近くの大通りに足を運びました。

百合子は何といってもまだ三歳になったばかり。家に置いておこうと思ったのですが、百合はお父さん子で、休みの日は父の側を決して離れようとしないのです。。


震度7までが体験できる車や、煙体験などは、大人しく百合子は付いて来てくれました。


でも、救急医療のやり方や、包帯の巻き方などの説明になると、さすがに3歳児は退屈してぐずりはじめました。


「みんなの迷惑になるから、百合子は家に連れて帰るね」と夫に伝え、ベビーカーに百合子を乗せて、私は家路を急ぎました。


百合子は夫と離れたのが悲しかったらしく、「おとうた~ん!おとうた~ん!」と泣いていました。



家に着き、義母にいったん娘を渡してから、ご機嫌を直すために何か冷たいものでも買ってこようと、私は近くのスーパーに出かけました。


帰ると、義母が慌てた様子で、「百合が一人で玄関を開けて出て行っちゃったの。お母さんのところに行かなかった?」と言います。

私はあまり娘を連れてスーパーには行きません。東京のスーパーは通路は狭くて、子連れで買い物しにくいのです。
百合子と一緒のときは、ほとんど八百屋、肉屋などの個人商店で買い物を済ませます。


ですが商店街をざっと見ても、百合子らしき子供はいません。


もしかして・・?と、さっきまでいた防災訓練会場に急ぎました。


家からここまでは、300メートルほど離れていて、しかも大きな横断歩道が2箇所あります。

まさか・・?でも夫に娘が行方不明だというのを知らせなければいけない。

防災訓練会場に着いて、辺りを探しましたが、百合子らしき子どもはいません。


背中を嫌な汗が、つ~っとつたいました。


誘拐、事故、殺害・・怖い言葉がいくつも頭に浮かびました。


人ごみの中に夫と息子の姿を見つけたので、早速非常事態だと伝えました。

夫は家までの道をもう一度点検し、息子は地下鉄の構内を探してくれました。

江戸川橋には、地下鉄有楽町線が走っています。


百合子はここの地下道を良く散歩するのが好きなのです。


しかし、もし地下鉄に乗ってしまったとしたら・・・、また嫌な汗が流れました。


百合子百合子、お前はどこへ行ってしまったの??




すると・・突然おまわりさんが、

「もしかして、お子さんをお探しですが?」と私に話しかけてきました。


「そうです。娘がちょっと目を話した隙に、家から出てしまって」


「駐在所で女の子を保護しているんですが、あの子ではないですか?」



えっ・・・・・・!




果たして、交番に保護されていた女の子は、百合子でした。


おまわりさんに囲まれて、泣きもせず、裸足で(!)、椅子に座っていました(若い巡査さんがあやしてくれていたらしいです)。


おまわりさんの仰るには、つい15分ほど前、防災訓練の会場に何故か裸足で、「おとうたん、おとうたん!」と叫びながら、うろうろしている女の子を見つけたのだそうです。

周りの人たちが、「さっきその子のお母さんが、一緒にいて帰ったはずなんだけど」とも伝えてくれたのだとか。

夫は会場内にいたはずなのですが、何せ人が多かったので、会えなかったらしい・・です。

私の顔を見た百合子は、それでもちょっとはほっとしたような表情を見せましたが、後から来た夫の顔を見たときは、こぼれんばかりの笑顔で、夫に飛びつきました。。


先にも書きましたが、家からここまでは、大きな横断歩道が2箇所あります。

日曜日で、車の通りも少なかったでしょうが、よくぞ轢かれずに、ここまでたどり着いてくれた・・。


赤信号、青信号を教えてはいるものの、果たして一人で正しく渡れたのかどうか。。



それを思うと改めて、血の気が引く思いがします。




それ以前に、百合子ちゃん。



なんでそんなに「おとうたん」が好きなの?

私が末っ子の真理子ばかり構うから?

できるだけお姉ちゃんを可愛がるように心がけているんだけどなあ。。


夜、寝しなに百合子がアイスを欲しがりました。


私「寝る前にアイスなんて食べちゃあ駄目。明日にしようね」



百合子。黙って夫の側に行き


「アイス、あいて♪」

夫「百合ちゃん、アイス食べたいの?いいよ。持っておいで♪」



百合子、夫の膝に座り、めちゃめちゃとアイスを食べはじめました。




夫~~~!育児のいいとこ取りをするんじゃない~~!!


そしてますます百合子はお父さん子になるのでした。。



でも、もう警察沙汰はやめてね♪
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する