三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ピアノ・レッスン」

先週の土曜日、幼なじみの親友と、久々に日比谷で映画を観ました。

映画ファン向けの佳作ばかりを上映しているミニシアター「シャンテ・シネ」で、このところ昔の名画をリバイバル上映してくれているんです。

この日上映していたのは「ベルリン天使の歌」(私はこの映画難解すぎて苦手です。。)と、「ピアノレッスン」。

もちろん私の観たのは「ピアノレッスン」です。

始めてこの映画を観たのは、もう13年も前ですが、セピア色の美しい風景と映像、美しい音楽、洗練された台詞、全てに肌のあわ立つような感動を覚え、涙が溢れたのを覚えています。

今まで観た映画の中で、「ピアノレッスン」は間違いなくベスト3に入ります。


でも、この映画、映画館で観てこそ良さが分かるタイプの映画なんですよね。。

ビデオが発売になってから、早速借りてまた観てみると・・・あんまり面白くない。

映画館で見たときのような、ぞくぞく、じわ~んとした感動がない。

映画館で2度観ていたし、内容が予め頭に入ってしまっているからかなあとも思いましたが、
・・原因は音楽、音響だったんだろうと思います。

映画には、言葉を話せない(話さない)主人公エイダが、言葉を操る代わりのように、ピアノを弾くことで自分の感情を吐き出します。

主演女優のホリー・ハンターが実際に自分で弾いているというピアノが、素人臭さもあるけれど、その分心に響くのです。

(サントラのは、作曲者のマイケル・ナイマンが弾いているので、ちょっと違うんですよね。。)


あの「ピアノレッスン」が、また大画面で観られる!

ありがとう。シャンテ・シネ。


あの感動再び!

・・・・

ところが


映画開始1時間ほどしたころ、私の腹周辺から異音が!


ぐ~ぎゅるるるるるるる♪ぐるるるるるる♪


私はその日張り切って早めに朝ごはんをがっちり食べてきました。

その「早めに」がいけなかったのか、

お腹が空いた!!

空いただけなら我慢も出来ますが、あまりにも盛大にお腹がなりすぎる!

これはいかん。

映画鑑賞中の皆さんの迷惑だわ、と、バックに入れておいたペットボトルの水を飲んで、腹の虫を抑えようとしました。



ですが、

今度は猛烈な尿意が~~~!

ここが一番隅っこの席だったらこっそり中座するのですが、あいにく真ん中の席。

そしてここは、映画ファンの集うミニシアター。日比谷シャンテ。

エンドロールが完全に終わるまで、全員席を立たないような映画館です。


「あ、ちょっと失礼。よっこいしょっと。ごめんなさいよ。ちょっとおしっこへ。。」

などと、太った女が横に移動しようものなら、きっと大顰蹙です。


悶々したすえ、終わるまで我慢することにしましたが、

映画の中でお茶のシーンが映ろうものなら、

「あああ~~~、そんなに茶ばっかり飲んだら利尿作用が~」

森の中で老婦人が、召使に布を持たせて周囲を囲わせ、用を足すシーンでは、

「あああ~、羨ましい~。私もあれしてみたい~。誰か私の周囲を布で囲んでくれ~」

と、映画の本筋と全然関係ないところに注目してしまい、あげくに

「これで娘が○○して、夫が怒って××して、ああなっちゃうのよね。分かっているから早く話を進めてくれ~!」

などと心の中で叫んでおりました(汗)。

エンドロールが出るや否や、映画マニアの掟を破って、トイレにダッシュ。。。


あ~あ、せっかくのリバイバル上映が。。。

自分がマヌケなので誰を責めようもありませぬ(殴)。

ちなみに隣に座っていた親友Fは、映画が始まる前、少し体調が良くないのか、頭痛薬を飲んでいました。

すると、上映中「腹の虫ぐるぐる」の私の隣で、

「ふうう~。んふう~~~」

という苦しげな荒い息遣いが・・・!

もしかしてFちゃん、頭痛が辛いのかなあ、と心配してました。

後で聞いたら、

あれは隣のオバサンの鼻息!だったんだそうで(爆)。

どうもイスの座り心地が悪かったらしく、しきりにふ~は~やっていたのだそうです。

興奮していたのではなかったのね(殴)。

(この映画、かなり官能的なのです。子供と一緒にはとても観られない。。)


映画館に入るときは空腹を避けて(出来れば軽くつまめるものを持って)、水分を控えめに。

次からは心がけますから。

またリバイバル上映してください(泣)。
ピアノ・レッスン ピアノ・レッスン
ハーヴェイ・カイテル、マイケル・ナイマン 他 (1998/01/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。