三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占いの力

昨日、娘達を幼稚園に送ってから、ふと思い立って新宿に出かけました。
新宿武蔵野館で上映している「岸辺のふたり」という短編映画を観ようと思ったのですが、残念ながら上映開始の10時に間に合いませんでした

しばらく新宿駅地下街をぶらぶらしていると、「占いの部屋」らしきものを見つけました。

普段私はあまりこういった占いのようなものを信じる性質ではないのですが、最近心が沈むことが多かったので、つい出来心で、入ってしまいました。
外から垣間見た占い師さん(易者というのか?)が、若いちゃらちゃらした感じの人ではなく、貫禄のある老婦人だったことも大きかったです。

老婦人はまず私の生年月日と名前を聞き、ささっと何か図形のようなものを書きました(高島易・・とかいうのかな?説明されたけど覚えていないです

「あなた、ここ7~8年低調だったでしょう。病気もしなかった?特に一昨年は大変だったでしょう。」

・・・内心驚きました。病気、しました。一昨年、大変でした。

「一昨年は最悪な運気で、この時期に鬱病を発症する人もいるのよ。」

・・なりそうでした。

「でも、もう低迷期のトンネルは抜けましたよ。今はまだ曇り空・・といった感じですが、これから運気は上昇しますよ。」

そうか~。良かった。

「今日は何を主にどういったことを占いますか?」

そうか。こういったところは何か一つテーマを選んで占ってもらうものなのね。
今さら恋愛もないし、仕事もしてないし・・・、今の私の悩みといえば・・、何かと心を悩ませることの多い、長女。

プライベートなこととはいえ、相手はこの場限りの占い師。
思い切って

「娘のことで悩んでいます」と言ってみました。

すると老婦人は、長女の生年月日と名前とを見て、またさらさらと図形のようなものを書き、

「この子はね。とても頭のいい子よ。ただ自分の気持ちを他人に伝えるのが苦手なところがあるだけ(私も同じ卦があるのだそうで)。
知性の面での翳りなぞ、まったく出てないですよ。頭はすごくいい。感受性も強い。周囲の気持ちを感じ取る鋭い勘のようなものがある。
今幼稚園なんかで問題を起こしていたにしても、もう1~2年で自分もいろいろ理解してきて、治まりますよ。
お母さんはあまり雑音を気にしないで。
これだけはしてはいけない、ということをしっかり教えて、あとはあまり頭を押さえつけないで。
この子には何か、規格外のものがある。
この子が近い将来なにかに興味を持ってやりたがったら、何でも与えてその才能を伸ばしてやって。
この子はそれで成功する。。
人望も集まる。財運もある。
特に45歳過ぎてから大成する。」

あまりの手放しの誉めように、びっくり。

「この子の好きなようにさせてあげるがよい。トリ(鞍作止利)は後世に名を残す」
という聖徳太子の言葉を思い出しました。。(「日出処の天子」という漫画のセリフですが~)

そしてそして・・・ものすごく、嬉しかったです。。

占いなんて、別に信じていない。当たらなくたっていいんです。

人が占いの類に向かうのは、「前向きに現在を乗り切る力が欲しい」からではないでしょうか。

この占い師の老婦人は、まさにそれをわたしにくれました。
30分ほどの時間で、鬱々した気持ちが晴れました。

「地獄に落ちる」とかいう某占い師とは大違い。
「悪い卦が出る人もいるのよ。」と仰ってましたが、ホントかなあ。
皆に前向きメッセージしてたりして

占い師さん、ありがとう。
とても元気でました。






スポンサーサイト
250:

当たるのもあるんですねー。僕も占いとか信じない方ですが、僕も占いって本来暗いトンネルを抜ける希望を持つためのものやと思います。
僕は安岡正篤さんとか好きなのもあって、ご指摘の某占い師とかは僕もちょっとアレで、特に「運気が悪いから何をしてもだめ」みたいな考え方が好きじゃないんですが、占いは努力しても成果が現れるまでの間を忍べるためのものであるべきかなと思っています。それがわかってて、迷いがなければ必要ないものなのかなとも思います。
「お母さんは雑音を・・・・・・この子はそれで成功する。。」は、本当はどんな親にも共通することなんでしょうね。親が信じてやらないとどうにもなりませんもんね。また、ひとつ良いことを学びました。そうは言っても心配になるもんですが。(^^;

2009.02.14 06:48 蛯原エビヲ #- URL[EDIT]
251:蛯原さん♪

とても丁寧なコメントをありがとうございます。

特に

>占いは努力しても成果が現れるまでの間を忍べるためのものであるべきかなと思っています。それがわかってて、迷いがなければ必要ないものなのかなとも思います。

このお言葉はとても深く心に響きました。
全く、その通りですね。

>親が信じてやらないとどうにもなりませんもんね
そうですね~。
私もまだ未熟者なので、迷い迷いしつつ子育てしています。

親がいちいち小さなことで動揺したり、イライラするのが一番いけないんだろうなあ。。
何とかなるさ~。


2009.02.14 21:19 明石 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。