三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やり手ババアの後悔

一昨年、カブトムシのペアを夫の親戚から貰い、適当に育てていたのですが、いつのまにか産卵していたようで、秋ごろ飼育ケースをひっくり返してみると、一匹だけ幼虫らしきものがいました。

毛虫系の嫌いな私はげげっと思いつつも、適当にそのまま、時々土に霧吹きをする程度で特に何のケアもせず放っておいたのでした。

そして去年の夏、忘れもしない7月15日。

飼育ケースの中にゴキブリのようなものがガサガサ動いているではないですか。

「なんじゃこりゃ~!」と叫びつつ、近づいて改めて見てみると、ゴキブリと思ったものは小さな小さな、オスのカブトムシでした。

しかし、このカブトムシくん。身体も小さければ、オスのシンボルたる角も格段に小さいのです。

ペットショップの店員さんに聞いて知ったのですが、これは幼虫時代の栄養不良が原因らしいですね。。


何も世話してないのにうちの飼育ケースに生まれ出てきた小さなカブトムシを見た私は、それまで気色悪いと感じていたのもすっかり忘れ、この小さなオスカブトムシ「カブ男くん」に心を奪われてしまったのです。

可愛くて可愛くて、しょうがなくなったのです。

さて、男と生まれてきたからには、子孫を残さねば。カブ男くんに嫁を世話してあげなければならぬ。

私は早速池袋東武デパートのペットショップに出かけ、メスのカブトムシを買ってきました。

「カブ子ちゃん」と名づけたそのメスを飼育ケースに入れると、何と早速?カブ夫はメスに交尾を迫るではないですか。

なんですか。はしたない。

おかあさんはお前をそんな子に育てた覚えはありません!

と、焦っていたら、何とチビカブ男は、カブ子に見事なハイキックをくらって、ひっくり返されているではないですか。

こんな小さなオスは、自然界にいたらおそらくどんなメスにも相手にされず、オス同士の抗争にも負け、静かに淘汰されていく運命なのでしょう。

ごめんよ。ごめん。カブ男よ。

お前が小さいのは、申し訳程度の角しかないのは、私のせいだ。

カブ男が哀れでたまらなくなった私は、カブ男のための「ハーレム作戦」および「遣り手ババア作戦」を開始しました。

幼稚園のお母さん友達にも声をかけ、ペットショップにも足を運び、とにかくメスを集めまくりました。

カブ美にカブ代、カブ江にカブ奈、カブ男に対してメス5匹という、ハーレムを作り上げたのです。

そんで、遣り手ババアと化した私は、暇さえあれば、カブ男をメスの背中に乗せて(メスに拒否されてハイキックをくらわないように)、交尾のお手伝いをしてました。

カブ男は私の手の中で「セックスだけの虫生」を送り、成虫になってわずか2週間後に、腹上死ならぬ背上死をとげました。

亡きカブ男の正室カブ子と側室カブ代・カブ美・カブ江・カブ奈がすべて天寿を全うした秋口、私は彼らのいた飼育ケースの中に、小さな小さな卵をいくつも発見しました。

良かった良かった。

元気に育てよ。カブ男チルドレン。

遣り手ババアは、可愛く小さな卵を、優しい気持ちで見守ったのでした。

が、卵はやがて、虫になります。

中身の透けたような、白い幼虫。

気色わりいよ

私はまたもや、時々霧吹きする程度で、幼虫の世話をうっちゃっておいたのでした。


そして今夏。

いくら適当に育てていたにしても、一匹ぐらいは孵るだろうと思っていたら・・・、とうとう一匹も土の中から出てきませんでした。


エアコンの風の当たる場所に置いておいたのがいけなかったのかな。。

ごめん。ごめんよ。カブ男。

あんなに生前がんばって交尾したのに、エッチしかない虫生だったのに、お前の子孫を残せなかったよ。

許しておくれ。

もう、カブトムシなんか育てないよ。
スポンサーサイト
309:切ないでござる・・・

人間だって似たようなもんです・・・。
頑張って働いても何か残せるものでもなく。

短いカブ男の虫生だけど、幼虫から成虫になれただけでも“めっけもん”。
ワタシなら白いウジみたいなの見たら、速攻ゴミ箱に捨ててたかも知れませぬ。

カブ男よ、次は是非 大自然に生まれておいで。

明石の上さま、カブちゃんの仲人さんお疲れさまでしたm(_ _)m

2010.08.26 07:50 ゴエ #8iCOsRG2 URL[EDIT]
310:Re: 切ないでござる・・・

>人間だって似たようなもんです・・・。
>頑張って働いても何か残せるものでもなく。

そうですよね~。ホントに。。

夫には「虫虐待」と言われていましたv-356
とりあえずカブ男とその妻達には、毎日新しいゼリーや果物を与えていたし、成虫のときはこまめに手入れしていたつもりだったんだけどなあ・・。

でもやっぱり昆虫は自然の中で生活するのが一番なんですよね。
飼育ケースのなかで一生を終えるのはかわいそうだし、不自然なのだわ。。

カブ男も幼虫時代を自然の土の中で過ごしていれば、あんな小さな個体にはならなかったのに。。

うう。ごめんよ。カブ男。

でも成虫カブトムシの飼育は楽しかったです。
幼虫は苦手だけどv-217

2010.08.28 02:06 明石 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。