三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おでんにちくわぶ

私は結婚して東京に来るまで、「ちくわぶ」というものを知りませんでした。


実家は栃木です。

ちくわぶは主に関東のもの、という説を目にしたことがありますが、北のほうとはいえ関東のはずの栃木では、あまりポピュラーな食材ではなかったように思います。

というより、私はスーパーで目にした事がなかったです。


東京に来て、初めて「ちくわぶ」なるものを食したとき、

・・・

「なんだこれ??茹での足らないうどんみたい。」と

その独得の、

あぐ・ん、とした歯ごたえ、独得の食感に、少々動揺したのです。


なんだこれ?

なんだこれ?

なんだこれ?


大昔流行したナタデ・ココと同じく、

妙~な食感というのは、意外とくせになるものです。


今ではちくわぶは子どもにも私にも、一番人気のおでんダネ。
ちなみに二番人気はもち巾着。

しかし、ちくわぶとは何なのか。

ちくわとは程遠いのに、なんで「ちくわ」ぶ、なのか。

うどんぶ、のほうがしっくりくるのに。

そもそもなんで「ぶ」なのか。


謎はつきません。


今、関西でもちくわぶはあるのでしょうか?


蛇足だけれど、すき焼きの割り下。

実家では肉や野菜を焼いてから、割り下を入れたのに、ここでは先に割り下を入れるんですよ。

すき焼きが「焼く」ものではなく、鍋物になったようで、いまだに馴染めないんですよね。














スポンサーサイト
344:ちくわぶって

美味しいんですね。
まだそういうのに当たってません。
関西に無かったし。。
少なくとも6年前(出るまえ)までは無かったです。

形状が「ちくわ」で、触感が「ふ」なのかと思ってました。

>すき焼き
関西では割り下は使いません。
お肉を牛脂で少し焼き、酒・砂糖・醤油で味付け。
野菜をどんどん投入。
そのせいか度々、味見が必要です。
こっちに来て割り下を使ったら簡単でビックリ☆
絶対割り下のがいい!
という手抜き主婦。
肉さえあれば毎日でもしたい。←おいおい。。

2010.11.26 10:51 ゴエ #8iCOsRG2 URL[EDIT]
345:そういえば

今は亡き父のすき焼きの作り方がそうでした。
ちょくちょく味見しつつ、酒だの砂糖だのしょうゆだのを入れるのですが、何せ男の手料理(うちの父だけかもしれませんが~)は大雑把で、適当にドバドバ入れるもんだからなかなか味が定まらず・・。
でも時々びっくりするほど美味しいものができてたりするんですよね。
不思議と。。

ちくわぶは、あまり美味しいものではないです。
ただ、なんかクセになるんですよね。

ドクター・ペッパーのようなものかしらv-356

2010.11.26 23:22 明石 #- URL[EDIT]
346:お!

お父様は、関西のかた?

子供の頃、すき焼きは父の担当でした。
機嫌がいいと材料を切るところからしてくれる。
そうそう!
お正月の御節・雑煮も父。この時期だけは女性陣をラクにする、とかで。
父の父からの慣習です。
が、夫は(両者と)顔を合わせてないのでそんな嬉しい慣わしもワタシの代で途絶えます。
それだけが残念。おいおい・・。

2010.11.27 06:38 ゴエ #8iCOsRG2 URL[EDIT]
347:父の手料理

そうですそうです。

父は大阪育ちです。

「正月の料理は、男がするもんだ!」と言って、毎年大雑把なお雑煮を作ってくれました。

御節はさすがに作れなかったようですが、自分で買い物に出かけて、伊達巻だのかまぼこだのをいそいそと楽しそうに買い込み、お重ではなくお皿に並べて食べさせてくれました。

鍋物は男がするもの、という父ルールもありました。

やはり関西ルールだったんでしょうか。

今にして思えば、有難いです。

ここ(東京)ではやっぱり女の仕事なんですよね。

あ~あ。

復活せよ。関西ルール!!

2010.11.28 00:24 明石 #- URL[EDIT]
348:関西人と関東人のハーフです

こんにちはー。
いつも携帯のmixi経由でチェックしているので、なかなかコメントできなくてごめんなさい(´・ω・`)

ちくわぶ、食べたことないわけではないですがなじみは薄いですねえ。
そもそもおでんは関西になじみが薄いらしいのですが、そこは母が関東人なので、普通の関西人よりはおでんに親しんでいると思います。うちの卵焼き甘いですし。

奇しくも昨日すき焼きだったのですが、わりした使いましたよー。
でも後から結局お醤油と砂糖で味付けしていたので、どうなの?と思いますが;
ちなみにうちもすき焼きは昔から父が担当でしたねー。不思議!
でもお雑煮は母だなあ…

2010.11.29 21:01 紀伊 #HO2r8K2o URL[EDIT]
349:紀伊さま♪

お母様は関東の方なんですね。

私は両親とも関西人でありながら、父親の転勤の都合上ずっと関東育ちという複雑な家庭?です。

そういえば子どものころおでんが夕食に出たことって、あまりなかったような気がします。
関西ではなじみが薄いと聞いて、いまさらながら納得しました。

>わりした+醤油、砂糖
まさに関西風と関東風の融合!

お父様特製の「我が家の味」ですね。

すき焼きの作り方一つにも、その土地や家庭の習慣があるのが面白いです。


2010.11.30 00:14 明石 #- URL[EDIT]
350:関西ルールが恋しい!

年中、関西ルールでも可。

おでんのことを関西では『関東炊き』と言います。
子供の頃は割りと頻繁に出ました←手抜きは母譲りw
なんせ、数種の野菜とコンニャクと練り物でOKですし。
どん!と大鍋で作って翌朝も食べる・・てのも普通でした。
鍋ってそれぞれの家庭の背景も垣間見えていいですね^^

ワタシは暫し父の思い出に浸れて幸せでした。
ありがとうございますe-419

2010.12.03 08:38 ゴエ #8iCOsRG2 URL[EDIT]
351:関西ルールを復活させる会発足

関西ルールを受け継がせるべく、今から息子を仕込もうかしら。
あ、でもそれで楽できるのは、私ではなく嫁御かあ。。

「関東炊き」というのですね。
「おでん」より何かしっくりきます。
そもそもなんで、「おでん」っていうんだろう・・??

そうそう。
作るのが楽なんですよね。
私はもともと練り物があまり好きではないのに、冬の献立にはかなりの頻度で夕飯に出していますv-356


> ワタシは暫し父の思い出に浸れて幸せでした。
> ありがとうございますe-419

ゴエ様のお父様は、素敵な方だったんですね。
料理してくれる男は今でこそ珍しくないけれども、私たちの父の世代(うちの亡き父は昭和一ケタです)で
妻を休ませてあげようという発想は、とても貴重だし優しさを感じます。

私の父は結構難しい人間だったので、仲が良かったとは言いがたいのですがv-356
見送ってしまった後で、今更ながら折々に触れ、「ああ、父にはこういう良いところもあったなあ」と
懐かしく思われます。

2010.12.03 22:53 明石 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。