三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「RIKO 永遠の女神」 柴田よしき

あらすじ

男性優位主義の色濃く残る巨大な警察組織。その中で、女であることを主張し放埓に生きる女性刑事・村上緑子。彼女のチームは新宿のビデオ店から一本の裏ビデオを押収した。そこに映されていたのは残虐な輪姦シーン。それも、男が男の肉体をむさぼり、犯す。やがて、殺されていくビデオの被害者たち。緑子は事件を追い、戦いつづける、たった一つの真実、女の永遠を求めて―。性愛小説や恋愛小説としても絶賛を浴びた衝撃の新警察小説。第十五回横溝正史賞受賞作。

以下、私の感想です。
話の本筋には触れていないものの、ネタバレが少々ありますので、未読の方はご注意ください。


読んだことのない作家さんにトライしてみよう、と何気なく図書館で手に取った一冊でした。

男性のようなお名前だけど、実は女性作家、程度の予備知識しかなく、どんな話かも知らないで読み始めたので、いきなりへビイな展開で驚きました。

事件の陰惨さもですが、主人公村上緑子(むらかみりこ)の身に起こった残酷すぎる出来事の数々。

私はこの手の性暴力が死ぬほど嫌いなので、この作品にも下手に予備知識を持っていたら、決して手を出そうと思わなかったかもしれません。


でも、惹き込まれてしまいました。

先が気になって気になって、一気に一日で読みきってしまいました。


事件そのもの、ミステリー部分は、それほど意外性はないのです。


この作品の魅力は、何と言っても主人公緑子という人物造形です。


「私にだって、欲しいと思う権利はあるはず」と、

リコはかって彼女を辱めた男に、レイプ(彼女いわく)という方法で復讐します。

それって強姦?と首を傾げないでもないですが、俺様的男性優位主義の男の鼻っ柱を見事に挫くことには成功しているのでしょう。

この男(高須)は以後、リコに忠誠を誓ったといってもいいほどの変貌を見せます。以後の作品でも彼女の最も信頼できる仲間として登場します。

彼女が左遷される原因となった不倫相手の上司に対しても、緑子は自分からアクションを起こします。

なぜなら、「欲しい」と思うから。

緑子は奔放です。

この主人公緑子の性格設定には、賛否両論あったようです。

娼婦が刑事になったようだ、という感想も散見しました。


でも、無能な女ならいざ知らず、緑子は仕事において優秀です。

出来る男が好色だと、「英雄色を好む」と好意的に受け取られるのに、出来る女が奔放で何が悪いのでしょうか。


緑子は警察という男性優位の世界にあって、過剰なまでに女性的な人です。

でもその女性的な力で、我が身に降りかかる災難を跳ね返しているように思うのです。


私は緑子が好きです。
何と言うか、小気味いい。同性として。
緑子という、かってないキャラクターにすっかり心を奪われてしまいました。


あえて気になる点をあげれば、登場人物の行動がやや極端なところ。感情過多なところ。みんなよく泣くところ。

モノローグが多くて、どれがだれのつぶやきなのか、ときどき混乱するところ。

あと、緑子という強烈なキャラクターに対して、男性陣が魅力薄です。

特に、安藤。

緑子よ、どこがいいんだ、あんな男。

まだ腐れ外道から忠実な友に変化した、高須のほうがましじゃないの。

と、毒づいてしまいました。



この作品は柴田よしきさんのデビュー作。

続編に「聖母の深き淵」「月神の浅き夢」があり、立て続けに読破しました。


どちらの作品も、この「女神の永遠」なんて若書きだったと思えるぐらい、面白いです。

緑子を凌ぐ魅力的な男も登場します。

こんな面白い作家を今まで知らなかったなんて・・、と今どっぷりはまっています。

幸せな蜜月です(笑)。

続編の感想はまた、後ほど書きます。

「女神の永遠」は、村上緑子という、他にはない魅力的なキャラクターを生み出した作品として、一読の価値はあると思います。

RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 (角川文庫)RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 (角川文庫)
(1997/10)
柴田 よしき

商品詳細を見る
スポンサーサイト
476:警察ものは話が広がるけどキツイね

なんか怖そうですけど、惹かれてしまいますね・・・。
欲求不満??
いや、ただ毒が好きなだけ?
いや、きっと色々読みたいだけです、きっと。

警察もので最近読んだのは、吉川英梨さんのアゲハ。
こちらは結構なテンポで読み切れてしまう感じ。
これも警察もの。
ちなみに続編がスワンというらしい。
というか吉川さんが魅力的ですよ。
吉川さんの人となりは↓のサイトが詳しいです。
http://www.birthday-energy.co.jp

41歳からは絶頂期らしいので、楽しみ。
頑張りすぎると空中分解しかねないらしいので、ほどほどに・・・
といったところ。

2011.09.19 21:46 ひかり #DvI991tw URL[EDIT]
478:Re: 警察ものは話が広がるけどキツイね

ひかりさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。

警察ものは好きですね。

乃南アサの音道貴子シリーズや、高村薫の合田雄一郎シリーズ、警察ではないけど桐野夏生の、村野ミロシリーズも読みました。

でもやっぱりその中でもリコシリーズは異色ですね。
警察という組織が、美しくない(笑)。

ミロシリーズも「ダーク」はかなり毒のある作品で、好き嫌いが分かれそうです。

吉川英梨さんを教えてくださり、ありがとうございます。

教えていただいたサイトも拝見させていただきました。面白そうです!

新しい作家さんを開拓するのは本当に楽しいですね。

2011.09.21 01:27 明石の上 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。