三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

「聖なる黒夜」 柴田よしき

あらすじ
東日本連合会春日組大幹部の韮崎誠一が殺された。容疑をかけられたのは美しい男妾あがりの企業舎弟…それが十年ぶりに警視庁捜査一課・麻生龍太郎の前に現れた山内練の姿だった。あの気弱なインテリ青年はどこに消えたのか。殺人事件を追う麻生は、幾つもの過去に追いつめられ、暗い闇へと堕ちていく―ベストセラー「RIKO」シリーズから生まれた究極の魂の物語。

三センチ超の厚みの文庫が、上下2冊。
大変な長編です。

そして暗く、重く、残酷で、・・・淫靡。

しかしこのダークな世界、クセになります。
読みはじめたら止まらない。

「RIKO」シリーズを全て読み終わってから、その残り香を探すかのように本書に手を出したのですが、この山内練と麻生龍太郎というキャラクター、ものすごい人気なんですね。

BL(ボーイズ・ラブ)小説として受け取られる向きもあるのでしょうか。


そう言ってしまうと、同性愛を毛嫌いする人に敬遠されてしまいそうですが、本作は冤罪というものがいかに一人の純朴な青年の人生を狂わせていくかを、残酷なまでに描写しています。
何の関係もない外側の人間から見れば、あるいは雑多な事件の解決に追われている刑事から見れば、平凡でありふれていてつまらない、小さな事件。
そのつまずきが、慎ましく真面目に生活していたインテリ青年の人生を、滅茶苦茶にしてしまいます。
恐ろしいその描写、見事としか言いようがありません。


「RIKO」シリーズでは魅力はあるけれど悪い奴だった山内が、この作品で好きになりました。

上巻ではもう、山内が可哀想で哀れで、読んでいて辛くなるほどでした。

それでも、「聖なる黒夜」、バレンタインデーの夜、彼を助けたのが韮崎でなかったら、他の普通の人間だったなら、山内の運命はどう変わっていったのだろうと考えざるおえません。


韮崎は極悪人ではあるけれど、山内にとっては生きる気力を与えてくれた恩人であり、二人の愛人にとっては愛しい男です。

一方麻生は、石橋を叩いても渡らない揶揄されるほど、堅実に証拠を積み重ねて真実を突き止める天才刑事でしたが、この山内の事件では・・。
結局この一度の失敗が、山内のみならず、麻生自身の運命を変えていくことになります。


人間は多面体です。

単純に一括りに出来ない存在なのです。

それをこの作品ほど強く感じたことはありません。


あと、本書の装丁。

素敵です。うっとりするほど美しい。

本の内容にもあっています。

本を閉じるたび、表紙を眺めて、余韻に浸っておりました。


残虐な場面も多く、また男同士の性愛を取り扱っており、かなり濃厚な性描写もありますが、それだけの作品では決してありません。

登場人物が個性的で魅力的。

筋書きも安易な予想を裏切ってくれ、決して退屈させません。

上巻でばらばらに散らばされたピースを、下巻では一つの結末に収束していきます。

見事としか言いようのない長編です。

この作品に熱狂的ファンがいるのも頷けます。


・・でもやっぱり、緑子のリの字も出ないのは、「RIKO」シリーズファンとしては寂しかったり。。

聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
(2006/10)
柴田 よしき

商品詳細を見る



スポンサーサイト
466:

ワタシの好きな世界かもw
しかし。
3cm超えが上下2冊・・・・・。二の足を踏む(笑)
読破できるだろうか。

追記。
作家名が出て来ず2時間弱を要す。(年を実感^^;)
ちょっと毛色は違いますが、花村萬月著『笑う山崎』が衝撃的でした。こっちの主役は男ですが底知れぬ残虐性が魅力と言えば魅力?暴力描写が苦手でなければご一読あれ。

2011.08.20 05:15 ゴエ #8iCOsRG2 URL[EDIT]
467:長い小説

一度入り込んでしまうと、長さを感じずにスラスラ読んでしまいますけど、私はどうしても自分には合わないと感じたら短編でも投げてしまいます。
学校の宿題じゃないんだもん~。キライなものは読まない。

花村萬月は2冊読んだことがありますが、どちらも女性が主人公でした。
(あ、一つは実は男、というオチがついてましたけど)
なかなか手応えのありそうな?小説のようですね。
「笑う山崎」読んでみます。
アマゾンレビューでも評判いいですね。

しかし、花村萬月って、メルヘンぽいペンネームなのに、スキンヘッドのえらいこと怖いおじさんなんですよね。。

昔少女漫画を描いていた立原あゆみが、実はヤクザそのもののおっさんだったと知ったときの衝撃を思い出しました。
・・脱線お許しくださいv-356

2011.08.21 02:13 明石の上 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する