三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バカ昔ばなし」 五月女ケイ子(え)細川徹(ぶん)

累計販売60万部の「新しい単位」、ベストセラー「レッツ!!古事記」でおなじみの、人気脱力系劇画家・五月女ケイ子ワールド満載のおバカで笑える昔ばなしの世界へようこそ!

「桃太郎」「笠地蔵」「ちから太郎」…。日本人なら誰もが知ってる「昔ばなし」をおバカ全開で語ります。

アマゾンの「内容紹介」より


ネットニュースでこの本を知って、「子ども達にうけるかも」とつい勢いで、ポチっと購入してしまったのでした。

アニメ日本昔ばなしのパクリと思われる表紙ですが、中身は当然似て非なるものです。
オタク系アニメや漫画を知っていないと、分からない箇所もあるかも。


桃太郎が鬼退治に出かけたあと、おじいさんとおばあさんは、桃太郎の入っていた桃の中はどうなっているんだろ?と好奇心に負けて桃の中を見てみると・・・!
中はなんと5LDK、ジャグジーバスやビリヤード台など娯楽設備も充実。
だが部屋には消されたばかりのタバコの吸殻と、日記帳が残されていた。
そこには決して外には出せない桃太郎の悩みが綴られていた・・。

「桃から生まれただけで桃太郎と言われるのはいかがなものか。貧乏な暮らしがつらい。
じいさんとばあさんの息が龍角散臭い。動物しか味方がいないのに鬼退治に行かされそう。
イヌやキジにいくら作戦を伝えても理解してくれない。やっぱり動物には無理がある・・」
桃太郎の悩みを知ってしまったじいさんとばあさんは・・「桃太郎の部屋」

あるところに何の変哲もないじいさんがいた。
じいさんのいる村には、村人にサッカーをして嫌がらせをする意地悪じいさんもいた。
ある日意地悪じいさんは何の変哲もないじいさんに、「家と畑をよこせ」と言う。
「勘弁してくれんか」というじいさんに、意地悪じいさんは「サッカーをしてお前が勝ったら勘弁してやる」と言う。
困りはてた何の変哲もないじいさんは、お地蔵さまに「どうかわしにセリエAの選手を紹介してください」とお願いし、その日の売れ残りのガーターベルトをお地蔵様にはかせてあげる。
するとその夜、じいさんの家の外から「オーレーオレオレオレー♪」とカチンと気に障る歌声が。。
見ると10体のお地蔵様がじいさんの家に集合していた・・。「キャプテン地蔵」

他にも垢で垢太郎ならぬガンダム(アカンダム)作っちゃうとか、命を救われた恩返しにおたまじゃくしが嫁として来たけれど、触るもの全てを生臭くして恩を仇で返す話とか、思わず脱力するお話が、これまたどっかから空気の漏れたような脱力するイラストで8話。

真面目な人には馬鹿にされそうですが、ストレス溜まったときの息抜きにいいですよ。

笑いすぎてお腹の筋肉が痛くなりましたが~


ですがこの本、私にとっては恐ろしい事態を引き起こしたのです。

アマゾンで注文したこの「バカ昔ばなし」。

なぜか剥き出しで、私ども子世帯の使う居間の(うちは二世帯同居です)、机の上にぽつんと置かれていたのです。

ななな、何故~?剥き出しでここに?アマゾンの封筒はどこに・??

と、頭を抱えていると、下から義母が、

「ごめんね~。私宛のかと思って開けちゃった。ちょうど私も通販で注文していたから。」

あ、そうか~。宛名の字、小さいもんね。間違えちゃうよね。

義母「しばらく見て、なんで私こんなの注文したんだろう??とうとう呆けたのかと思ってしばらく悩んじゃったよ~」

ガーターベルトつけた地蔵。ホストみたいな名前に改名させてもらう桃太郎。8個の〇ンタマ、ナウシカになるヤマンバ、テング殺人事件、「ばあさん!アカンダム、行きま~す!」

な、悩むよね、そりゃ・・。

・・ていうか、読んだのね??この本を??

お義母さま、私いつもこんな本ばかり読んでるわけじゃあ・・、うぐ。

アマゾンでは最近柴田よしきさんの本を買いまくったし、日本史の本も、他の小説も買っているのに、よりにもよって何故「バカ昔ばなし」・・。

嗚呼。

バカ昔ばなしバカ昔ばなし
(2010/12/22)
え/五月女ケイ子、ぶん/細川徹 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。