三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因果応報

もはや時効。とっくに時効。
白状します。

小学生の夏休みの宿題、ドリル以外はほとんど姉に手伝ってもらってました。

特に理科研究。

小学校6年間、夏休みの理科研究は、全て姉にやってもらっていました。

自分でやろうと思わなかったわけではありません。
でも何について書こう~?とぼんやり考えているうちに、意識は外へ、目線は漫画の棚へと向いてしまっていたのです。
まだ時間はあるから、いいや~と現実逃避しているうちに、8月も末に。

30日の夜、姉と二人で宿題の追い込みをかけていると、いつも睡魔が私を襲いました。

「まだ一日あるからいいや~」とほとんど白紙のままの理科研究の用紙を放り投げて、熟睡。

あくる朝目覚めると、枕元に表紙もちゃんとついて完璧に仕上がった理科研究が置いてありました。

あまりの私の呆けっぷりを不安に思った姉が、ほぼ徹夜で仕上げてくれたようです。


読書感想文も、4歳上の姉が以前学校に提出した感想文を、一言一句変えずに書き写して出したことがあります。

姉と違う学校だったので、バレたことはありません。

だって、本は好きだけれど、読書感想文も課題図書もキライだったんです


そして、夏休みの計画表を夏休み最後の日に捏造。
天気を記録する欄に少し困惑しましたが、おおむね31日の新聞には「夏休み中の天気一覧」というものが載っていました。
新聞社も心得たもの、私のような大馬鹿者の小学生が少なくないことを見越しているのです。


私は周囲に手を差し伸べられて、ゆうゆうと苦難をすり抜ける、戯け者でありました。



さて、時は流れ流れて、いまや私が3児の母。

子ども達が宿題に追われる番です。

と、言っても、最近の小学生の宿題は、私たちの時代に比べてかなり少ないです。


夏休みのドリル。

計画表。

読書感想文。

やる気があれば、自由研究。工作でも可。

と、いうもの。


ドリルも薄っぺらなもので、すぐに終わってしまいます。

あとは、自主的にやんなさい、と。

しかし小学一年、二年じゃ、余程のことがなければ自主的に勉強したりしません。

ここでハッパかける親も多いのでしょうが・・。

面倒くさい~。



ドリルは二人とも終わっていました。

計画表はあとでいくらでも捏造できるとして、あとは読書感想文。

図書館に二人を連れて行って、好みそうな本をチョイスし、さらにその中から一冊を選んで、アマゾンで注文しました。

作文用紙を与えて、「ちゃんと読んで感想書いてね」と、言ったのが八月初めごろ。


現在8月27日。

二人ともまるで手をつけた形跡がありません。

タイトルと名前を書いただけで、放置。。

「早くやれ~」と言うと、普段仲の悪い姉妹が、手に手を取ってプールへ行ってしまいました。


もう夏休みが終わってしまうぞ。

君達は不安にならないのか??

逃げていれば私かお兄ちゃんが助けてくれると思ってないか??


君らは30年前の私みたいだ。

これすなわち、因果応報・・・??
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。