三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

金環日蝕

おそらくどの地域でもそうだったのでしょうが、昨日は娘たちの通う小学校で「金環日蝕を見る会」なるものが保護者主催(主におとうさん)で開かれました。
朝の苦手な私も頑張って五時起きし、息子のお弁当と朝食を作り、支度をしてお出かけ。

五時にはまだ厚く雲がかかっていた空も、学校に近づくにつれて雲がだんだんきれてきました。

金環日蝕が見られるがどうかより、PTAのお父さん方がこの日までの準備に費やして地位やしてきた時間と労力が報われたようで、嬉しく思いました。

…ちなみに夫は出張中。
いても学校関係のイベントにはあまり協力的ではないのですが…

母の私は、あまり役に立っていないとはいえ、一応本部役員なんですけどね

ほんと、なんも役に立ってないけどね(自嘲)。

ともあれ、日蝕。

予想外によく見えました。

「感動しました~」などと安っぽいことは言うまいと思いつつも、リングになる瞬間はゾクッとしました。

綺麗。
何の作為もなく、自然にできたものなのに、素晴らしく綺麗。

そして、天文学的には当たり前のことなんでしょうけども、人の歴史や営みとは関係なく、宇宙は独自の時間を刻んでいるんだなあ、と感じました。

次の金環日蝕は300年後。

そのころ果たして地球に人類はいるんでしょうか。

人がいてもいなくても、昨日のように空を見上げる生物がまるでなくとも、太陽と月はきれいなリングを作るんだろうな。

下界の人間のことなど、おかまいなしに。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する