三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

「メロディ」6月号

「秘密」のスピンオフ作品『秘密 Genesis 創世記』も、とうとう今回で決着をみました。

成長していく自分の一番身近にいて、当然自分も愛情を持っていた相手を、どうしても疑わざる負えなかった薪さんの苦しみが読んでいて胸に迫りました。

誰もいなくなった家に、一人佇む10代の薪さんが哀しい。。


終盤は大団円っぽくって良かったけれど、時系列を追えばこのあと起きるあの惨劇のプロローグともいえるわけですね


ところで、終盤に出てきた第九の部下は、若い岡部さんですよね?
特徴的なあの眼。

再来月発売の次号には、また別のスピンオフ作品が発表されるようで嬉しいです


もう一つの楽しみの「大奥」。

平賀源内にまた酷な試練が。。

私は日本史好きですが、正直このあたりの歴史はあんまり詳しくないです。

平賀源内・・エレキテルのひと。
田沼意次・・賄賂の人。
松平定信・・川を清めすぎてかえって魚を住みにくくしちゃた人。
徳川家治・・何した人?ただ楽々と天下餅を食うにも程があるぞ、な10代将軍。

ぐらいの知識しかありません。

無知だと歴史人物に持つイメージが、単純かつ底の浅い勧善懲悪的なものになりがちです。

よしながさんの男女逆転したイレギュラーな世界観は斬新で面白く、歴史人物は多面体であると改めて認識させてくれます。

幕府と蘭学関わりも面白い。オランダとは本当に長い付き合いだなあ。


あと、成田美名子さんの「花よりも花の如く」も好きです。
かっては「エイリアン通り」等アメリカを舞台にした明るくポップな物語を描いてきた成田さんですが、連載中の本作は、能を題材にした和風のお話です。

うっとりするような奇麗な絵と、優しい作風は健在です。







スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する