三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匿名と短文の時代

先週苛烈を極める小保方さんバッシングについて、まとまりのない文章を書いた。

今日ネットで、「若山博士が小保方さんに渡したマウスと、小保方さんから返ってきたマウスの細胞のDNAが違う」というニュースを見て、これでまた小保方さんへの風当たりが強くなるのかとうんざりした。
(しかし、STAP論文とは別の実験で使うはずだったマウスだとのこと。)


以前からネットで「小保方さんはES細胞を意図的に混ぜた。STAP細胞は存在しない」という噂があるのは知っていた。

ネットニュースでも、小保方さんが「クロ」であることを前提としたような報じ方をしているものがあった。

でも若山博士の研究結果では、STAP細胞(と思われていたもの)で胎盤の作製に成功している。
ES細胞もips細胞も、胎盤、羊膜は作れないのではなかったか?

どうやらかなりルーズで、理研の会見でも散々「膨大な実験データをぞんざいに扱った」と非難されていた彼女だから、マウスの管理もぞんざいで、別のマウスから細胞を取ってしまったのか??

しかし「STAP細胞の非実在について」という匿名の怪文書がネットに出回っているとも聞いた。

その怪文書を見てみようと検索すると、「アンチ小保方のSTAP細胞の匿名ブログ『kahoの日記:STAP細胞の非実在について』のエセ科学性」という、匿名怪文書に対して真っ向から戦いを挑んでいるサイトを見つけた。

これがものすごく面白くて。とても辛辣なのに。
頭の良い人の書く文章はこうも違うものかと。

直接リンクするのは憚られるので、ご興味のある方は
「イスラエル・ハイテクベンチャーCEO兼CSの脱日本&非日本仲間日記」 で検索してみてください。

匿名怪文書への反論も痛快でしたが、「アインシュタインが今の日本にワープしてくれば大天才アインシュタインもバッシングされ相対性理論は消されていく」という仮説が恐ろしくも面白かった。
きっと、その通りだ。
返す返すも恐ろしいことなのですが。

いずれ取り下げられるだろうからと、件のSTAP(刺激惹起性多能性獲得細胞)論文をアップして下さっている。
そして「先入観なしに、若山教授の実験写真を見るべきである。これはすごいことが起きている証拠の写真である。」
と、実験写真も。

そして、「十分な理論的基礎と専門的知見及び経験の上に、2本の論文及び補足を読んだ上でモノを言え」とネットでのバッシングを切り捨てておられる。

私は小保方さんを応援しているので、読んでいて大変に痛快だったけれど、はたと気づいた。


私も同じ穴のムジナである。

実験写真は驚きとともに見させて頂いたが、論文の方は読めない。日本語訳してもらっても、きっと理解できない。
中学高校と、どう頑張っても理系は4までしかもらえなかった私が、口を出せる世界ではない。

小保方さんを叩いているマスコミはどうだろう。
これを全て読んだろうか。これを理解する基礎知識があるだろうか。

ニュースはわずかの時間で要点のみを伝える。
情報量が膨大な場合、それをまとめるのには多かれ少なかれ、意図的なものがある。
4時間以上に及んだ理研の会見も、「未熟な科学者」と罵倒した場面と、お偉方が深々と頭を下げる場面を切り貼りしてわずか数分である。
あの短いテレビニュースだけを見れば、誰もが小保方さんを怪しんだはずである。

4時間以上の会見を全て見た医師の方は「小保方さんはシロと確信した」と仰っている。
(こちらは拡散希望とあるので、リンクを貼らせていただいた)

西岡昌紀さんのブログ


ネットニュースはせいぜい400字程度で要点を伝える。
そしてみんな150字程度で感想や意見をつぶやく。

本名登録のフェイスブックはまだいい。

ニックネームの登録だけのmixiや匿名の2ちゃんねるは、自分の発言に責任を持たなくてもいいし、相手に反撃されることもないから、どんどんバッシングは苛烈化する。
小保方さんあるいは彼女の家族が自殺に追い込まれても、一発の銃弾しか装填しない銃殺刑のやり方と同様、彼らは「殺したのは自分の銃ではない。みんなもやってたし」とさほど罪悪感を持たないのだろう。

週刊誌も同様である。底の浅いバッシング記事。文責者の名はない。
記事の元の情報提供者は、「ある理研の同僚」「ある同級生」、ほとんどが匿名である。
記者は、果たして論文を全部読んだのだろうか。

あるSNSに「私もネットが普及していない頃、図書館で集めまくった本や資料を継ぎ接ぎしたレポートや小論文を書いていた。いくらレベルが違うとはいえ、私に小保方さんを非難する資格はない」というようなことを書いたら、
「嘘つき女の味方すんな!」と知性溢れるヘイトコメントが来た。
あの人はSTAP論文を全て読んだのかな。理解できたのかな。
テレビでわずか数分流される、コピペ部分と切り貼りした画像や、彼女が不正をしていたことを前提とした短い報道、わずか400字以下のネットニュースで、理解したと思っているだけではないかな。
もしあのヘイトコメントの送り主が「十分な理論的基礎と専門的知見及び経験」があり、2本の論文及び補足全て読んだ上で吠えているんだったら(違うと思うが)、そのエネルギー、自分の研究なり勉強なり仕事に費やせばいいのに。

でも、私も無知なのに、わずかな情報で分かった気になっていた。ネットで意見を発信したりして、自分が大きくなったように錯覚していた。

先週書いた記事は、恥ずかしくなって、消した。

無知なことは必ずしも恥ではないけれど、知ったかぶりは恥ずかしい。









.........

などと出来た人のふりをしてみてたけれど・・・。

小保方さんへの集団リンチはやっぱり胸糞悪い。
たとえ一部のブロガーが言うように、小保方さんが人格障害で虚言癖妄想癖もあり、あちこちのお偉方の教授を誑かしES細胞をSTAP細胞と偽って喧伝した悪女でも、何でそれで秀才揃いのはずの理研のお歴々がコロリと騙された??
30歳の研究者(理研にやってきた頃はまだ20代後半)は彼らにしたらまだお尻の青い小娘だろうに。
彼女がSTAP細胞を売り込んだとされるときに、プロなんだからこれはES細胞かどうかくらい当然怪しんだはずだ。
小保方さんが捏造していたと言うなら、上の人たちは全て知っていて(というより黒幕)、彼女は傀儡に過ぎないと推測するのが自然じゃないのか?

若山博士、論文へ疑いを持ったのなら何故先に理研上層部に働きかけず、マスコミにリークしたんだろう?
理研の謝罪会見後、おそらく自宅近くでインタビューに答えている若山博士、目が笑っているように見えたよ。
安全地帯に逃げ込むことが出来たので安心したのだろうか?

「タイタニック」が大人気だったころ、ある年配の女性が「沈没する客船の男性の乗客が、ほとんど皆女性子どもを先にに逃がそうとするのに感動する。私たちの世代だとまず女は沈む船に置き去りにされるから」と仰っていたのを思い出す。
名実ともに男尊女卑の時代を生きてきた方である。大変なご苦労をされてきたんだろう。
でもまさか今の時代にそれを見させられるとは思わなかった。

小保方さんの後ろに隠れている共著者!
彼女の指導者、上司のくせに。
小保方さんとは親子ほど年が離れているだろうに、彼女一人を矢面に立たせるのか?
理研のお偉方。たとえ内側では「この未熟者!」と叱責しても罵倒しても、外に向かっては自分が罪をかぶって部下を庇うのが組織のトップの在り方ではないのか?

週刊文春!何が「乱倫の研究室」だ。
何と下卑た記事を書くのだ。見出しを見るだけでこちらが恥ずかしくなる。

災害以外の理由でマスコミが一斉に同じ方向を向いた報道をするときは、おそらく何か裏がある、という記事をどこかで見た。

STAP細胞の発見をなかったことにしたい、あるいは利権を他の研究者や国に渡したい勢力があるのだろうか。
STAP細胞が彼女の捏造だったとして、共著者や理研、理化学に従事する人以外に不利益をこうむる人たちがいるだろうか。
今の叩かれようは、彼女がまるで一般市民に向けて毒ガスを撒いたかのようだ。

STAP論文とは関係のない小保方さんの博士論文まで取り下げられそうだとか。
先述したサイトに「出る杭は打たれるどころか、出る杭は掘り起こして徹底して破壊する」とあったが、その通りだな。
そこまでするなら、他の学生の論文も精査しなよ。
彼女をコテンパンにこきおろしている教授のいる、東大の学生の卒論、博士論文も。
東京六大学、他の有名私大の卒論も博士論文も、小保方さんにするように、厳しく全部査読し直せ。
・・・・
あ、私卒業資格なくなったわ
スポンサーサイト
583:

難しいことは解りませんが。
大昔、『それでも地球は回ってる』と唱えたエライ人を思い出しました。
ガリレオ?
コペルニクス?
???
まぁ、所詮 一般人の見識とはこんなもの・。

憎むべきは 『俺が絶対!』と信じて揺るがぬ石頭軍団なのかも。
大いなる人類の未来を 握り潰してしまうとも知らずに。
それこそが 無知 ではないだろうか。

2014.03.27 10:48 ゴエ #8iCOsRG2 URL[EDIT]
584:発明家

※583:ゴエさん
歴史に残る発明家は、自分の発見が受け入れられずに散々な目にあっていますね。
小保方さんの発見した細胞が何なのか、あるいはマスコミが言うように捏造なのか、所詮私のような平凡な頭には分かりません。
専門的なことが分からない外野が騒いではいけないのだと思いました(自戒も込めて)。
でももしガリレオみたいに、小保方さんが満座の敵の中で「それでもSTAP細胞は存在する」と言ってくれたら、私は信じてしまいます。

2014.03.27 23:22 明石 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。