三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

小保方さん、立派でしたよ。

今日(もう昨日か)は子供たちが皆学校へ行ってくれたので、一時からの小保方さんの会見を見ることができました。

精神状態がよくなく、体調も悪くて入院中と聞いていたので、ドタキャンになるか、あるいは会見途中で取り乱すのではないかと他人事ながら案じてました。

小保方さんは明らかにやつれた様子で痛々しく、見ていてたまらない気持ちになりましたが、目を潤ませながらも、慎重に言葉を選んで謝罪をし、釈明をし、主張すべきことは主張し、そして恨み言を言いませんでした。

あの公開リンチのような場面で。

これは普通の人間にはなかなか出来るものではありません。

彼女は美しい。
でも人間の性分は、美醜とはまた別に、容貌に顕れてくるものです。
彼女は過ちを犯したのかもしれませんが、誠実さ、素直さが顔に顕れていました。
悪意はなかったというのは本当なのでしょう。
私にはそう見えました。

上から目線で彼女を糾弾する記者たちの方がよほど下劣で醜悪でしたが、彼女はどんな質問にも真摯に答えていました。
ツイッターもその時覗いてみたら、「小保方さん頑張れ」というメッセージが溢れていました。

あれほど連日バッシングされていた彼女なのに。
映像の持つ力は大きいです。



深夜のニュースを見たら、予想通りのバッシング。

街頭インタビューで、でっぷり太った私みたいな体型のおばさんが、
「説明が不十分で納得いかない」と彼女を非難していました。

おいおい、おばさん。あんた何様?
彼女は病気で苦しんでいる人達を救いたい一心で、5年以上も研究を続けていたんだよ。
たとえ過ちを犯したとしても、ただ食べて寝て排泄して息してるだけのあんたに、彼女を非難する権利はないんだよ。

賄賂貰った政治家じゃないんだからね!

…下品ですみません

小保方さん。
よく頑張りました。
立派でしたよ。

と、社会の片隅から彼女にエールを送りたいです。
スポンサーサイト
587:

ワタシも見ていて切なくなりました。
わが子が糾弾されているようで・・。

頼みの綱の弁護士さんや司会担当のおっちゃんの段取りが
悪くて歯痒いことこの上なし。
もっとチャッチャと言わんかいっ!と大阪のおばちゃんは
思うのです。

あの記者軍団は 彼女に何を言わせたかったんでしょう。
女一人に罪をかぶせて平然としてるお偉いさんがもっと
居るでしょうに。

ともあれ。STAP細胞が何時の日か日の目を見れて、昨日の事が過去の笑い話となりますように。
(1拍手♪)

2014.04.10 19:41 ゴエ #8iCOsRG2 URL[EDIT]
588:涙の絵

※587:ゴエさん
ずっと目を潤ませつつも涙を堪えていた彼女が「私が未熟なせいで、研究がストップしてしまって・・(こんな内容だったかと)」と言ってハンカチで涙を拭いた瞬間、ものすごいフラッシュ。
なんていやらしい、と呆れました。
記者は彼女が泣くのを、期待して待っていたようで。
案の定、ニュースの写真は泣き顔の彼女。
「女は泣けばすむからいいよな」とか「女の涙に騙されるな」とか、悪意に満ちたコメント。
女、女と言うけど、これが頭の禿げたおじさんだったら、きっとこんな悪質で粘着質なバッシングにはなってないと思うんですよ。
大体STAP細胞の存在を否定したいなら、本丸はハーバードのバカンティチームなのに、あちらには及び腰ですよね。。いくら小保方さんを苛めても、あの教授が首を縦に振らない限り論文は撤回できないのに。

2014.04.11 00:58 明石 #- URL[EDIT]
589:言い忘れました。

ゴエさん
拍手をありがとうございますv-10

2014.04.11 21:49 明石 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する