三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハルコ、ボストンに戻っておいで」

小保方さんのハーバード留学時代の恩師、バカンティ教授が来日中です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140415-00000019-asahi-soci

バカンティ教授、小保方氏に「ボストンに戻っておいで」

朝日新聞デジタル 4月15日(火)11時55分配信

 STAP細胞論文の主要著者である米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授が来日し、15日に京都市内で開かれている国際会議で講演したことがわかった。出席者によると、論文について「すでに画像の取り違えの訂正がなされており、結論には影響を与えない。STAP細胞は必ず存在する」と述べたという。

 バカンティ教授は理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーの米留学時代の指導教官。論文への疑惑が指摘されて以降、直接の取材に応じておらず、国内で発言するのは初めて。この日は「世界気管支学会議・世界気管食道科学会議」に出席し、「再生医療と幹細胞」というテーマで講演した。会場は報道陣の入場が規制され、警備員が出入り口を固める異例の厳戒態勢が敷かれた。

 出席者の男性によると、バカンティ教授はスライドを使って講演。論文が不正と認定されたことについて、小保方氏の単純ミスだと主張。ホテルでパスワードキーを3回打ち間違えて入れなくなり、無理に頼んで入れてもらった、という例をあげ、同様のミスだと話したという。また、小保方氏に対し、「(大学のある)ボストンに戻っておいで」と呼びかけたという。

(引用終わり)


連日の小保方さんへの集団リンチには心底うんざりしていました。
テレビや新聞、週刊誌、ネットニュースなど、マスコミに登場する科学者、専門家と称する人たちが、「証拠を出せ」「説明が不十分」「データを出せ」と轡を並べるように一斉に同じことを主張することも不審に思います。

批判の中には小保方さんへの人格を否定するような、酷い誹謗中傷も沢山あります。

門外漢には何が正しいのか分かりませんが、災害以外でマスコミが一斉に同じ方向を向いた報道をするときは、裏で何かの力が働いているとも聞きます。

しかし、ネットには同じ科学者でも多種多様の意見が溢れています。
武田邦彦教授もそうですが、先ほど転載させて頂いた「ねずさんのひとりごと」の記事には、目の覚める思いでした。


小保方さんの留学中の恩師、バカンティ教授の姿勢は終始一貫しており、愛弟子の小保方さんを擁護しておられます。

もしかしたら内々で、バカンティ教授は小保方さんの杜撰さ、ルーズさを叱責していたのかもしれません。
でも外部に対しては、愛弟子を庇い続けておられます。
これが本来上に立つ者の、正しい姿勢ではないでしょうか。

いつまでご滞在になるか不明ということですが、おそらく大阪で入院中の小保方さんを見舞われ、激励されるのでしょう。

マスコミは厳重にシャットアウトされ、講演中に小保方さんに向けて「ボストンに戻っておいで」とさんに語りかけられたとのこと。

おそらく愛弟子に向けられたこの日本での集団リンチに、心底憤り、呆れられているのだと察します。


小保方さんの発見を虚言、論文は捏造と決めつける口の悪い科学者やネットの住人たちは、このバカンティ教授のこともペテン師呼ばわりしています。

ならば、折角はるばるボストンから来日されているのですから、「あなたは詐欺師でしょう。STAP細胞なんて存在しないんでしょう。存在すると言うなら今証拠データを見せなさいよ」と、突撃取材して詰め寄ってみるといいのです。

バッシングの集中砲火を浴びて精神的にも体力的にも参り入院している若い女に、覆面をして暗闇から石を投げるような人たちは、きっと強い者には尻尾を巻くのです。

理研の再調査委員会は、前回と同じ面々で話し合いを進めるとのこと。
おそらく結果は同じでしょう。
翻せば自分たちの決定を過ちと認めることですから。
理研は小保方さんを放り出して、データを出せ、資料を出せ、実験ノートを出せと攻め立てて、STAP研究の成果を取り上げるつもりなのでしょう。

多分、理研よりさらに上の勢力がそれに一役買っている。
そうでなければ、これほどマスコミの足並みが揃ったバッシングが出来るはずかないのです。
何故、最終報告の結果が、消費税増税の日に設定されたのか?
最終報告のあった午前10時半頃には、新武器輸出三原則が閣議決定もされています。
もしかしたら、国民の目くらましに小保方さん騒動は利用されているのではないのか?とうがった見方をしてしまいます。
あと、テレビで盛んに小保方さん批判を繰り返している科学者や専門家と言われる人たち。
原発推進派で帰るのを渋る避難民を福島に帰還させようとしていたり、放射能安全神話を振りまいているそうですね。

小保方さん、マスコミに何を言われても、政府の御用学者に罵られても、データを出してはいけません。私用だからとパソコンを頑として提出しなかったというのは正解です。
実験ノートを全て渡さなかったのは正解です。

レシピを理研に渡してはいけません。それはあなたの命綱です。

この前の会見で分かったことは、小保方さんがどんな行動を取ろうとも、どのみち叩かれるということです。
ノートがあってもなくても、きっとマスコミはあなたを叩く。
理研は粗を探してあなたを否定する。きっとあなたを再び切り捨てる。

匿名での集団リンチを恥じない者どもが跳梁跋扈する日本は、もはや沈みゆく船です。
美しい国などではありません。

小保方さん、レシピを持って、バカンティ教授と共にアメリカに跳んで下さい。

あなたを守ろうとしなかった国など、見捨てて下さい。
あなた自身の幸福と、夢の実現のために。


STAP細胞と思われていたものが、本物だったのか。
あるいは別の何かだったのか。

10年後には確実に分かっているでしょう。

その頃この集団ヒステリーは、どのように人々に記憶されているでしょうか。




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。