三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リカ」 五十嵐貴久

リカ (幻冬舎文庫)リカ (幻冬舎文庫)
(2003/10/10)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る


妻子を愛する42歳の平凡な会社員、本間は、出来心で始めた「出会い系」で「リカ」と名乗る女性と知り合う。しかし彼女は、恐るべき“怪物”だった。長い黒髪を振り乱し、常軌を逸した手段でストーキングをするリカ。その狂気に追いつめられた本間は、意を決し怪物と対決する。単行本未発表の衝撃のエピローグがついた完全版。第2回ホラーサスペンス大賞受賞。
(アマゾン紹介文より)

怖い怖いと噂の本書。
とうとう読みました。
読み出したら止まりませんでした。

私が女だからなのもあるでしょうが、前半の展開は愉快でしょうがなかったです。
家庭がありながら出会い系サイトでお手軽な遊び相手を見つけようなどという不届き者は、痛い目にあって当然なのです
ホラーコメディかと思って読んでいました。

が・・、後半から笑える展開ではなくなりました・・(汗
リカよ。子供には手を出すな。

この女の目的は無論、正体がよくわからないところが怖さを倍増させます。
主人公が彼女に何かしたわけでもないのに、徹底的に追い回されて生活を破壊される理不尽。

望月峯太郎の「座敷女」にもよく似ていますね。あれも怖かったなあ。。

ところで、なんでリカは臭いんだろう・・?

あと本筋とは関係ありませんが、主人公の娘もその同級生も、小学校一年にしては幼いかな?
小学一年の、まして女の子はもっとしっかりとお話しすると思います。

続編もあるらしいですね。。
リカは結局この後どうなったんだろう。
気になるから探してみようかな。




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。