三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

メロディ6月号

「秘密」増殖act6
今月号で「増殖」は結末を迎えました。
・・・・
私の中でこの「増殖」はチャッピーを抜いて、シリーズ中最も後味の悪い作品となりました。
フィクションだというのに、何故これほど心をかき乱されてしまうのか。

現実に、ありうる話だからです。

児玉やストーンヘンジはフィクションでも、閉じられた世界での「カースト制」はありそうです。
閉鎖的な空間でのランク付け。見下せる相手を見つけて安心する心理。
誰かを踏みつけることでやっと自尊心を保とうとする、心の貧しさ。

ストーンヘンジほど極端な形ではないというだけで、多かれ少なかれこういう「差別したい」という意識は、今でもあるのではないでしょうか。

子供が無垢だというのは、大人の幻想にすぎません。
いえ、無垢だからこそ罪の意識もなく、とことん残酷になれるのかもしれません。
そしてそれはある意味大人の縮図なのです。

先月号での「増殖」の自分の感想が、いかにもいい子ぶっていて底の浅いものに思えてきます。

そして、こういう「この人よりは自分はまだまし」というさもしい差別意識って、もしかしたら私の中にもあるかもしれないと我が身のこれまでの行動を振り返ってしまいました。

しかし、清水先生、こんな綺麗な絵で滅茶苦茶えげつない話を描くなあ。。。


スポンサーサイト
643:単行本を入手!

ちょっとワケあって入院生活をよぎなくされてます
それでも夫にねだってアマ○ンで単行本を入手!
病室のベッドの上で読破
内容、重かったですね…
気分が塞ぎそうになりましたが、
明石さんの仰るとおり、時折入るコミカルな会話が“地獄に天使”いや違う“沼池に蓮の花”的な憩いの場面でした
あれが無いと緊張感で息も出来なくなりそう…
残念な事に児玉の最期はその所業と比例したものではなかったけれど 敢えて、のラストなのでしょう
今のワタシにはまだ物事を達観する度量がありませんので清水氏の送りたいメッセージの何%を受けとめられているのか甚だ不安です
ただ、言えるのはフィクションで良かった~です
いえ、フィクションであれ!と強く願います

2017.09.09 07:27 ゴエ #8iCOsRG2 URL[EDIT]
644:Re: 単行本を入手!

ゴエさん!お久しぶりです。
最近すっかりネット離れしておりまして、コメントを頂いていたのに気づかずお返事が遅くなってしまいました。
すみません~。
ゴエさん大変でしたね。今はご退院されたのでしょうか。
どうかお大事になさってくださいね。
私の方は実家の母の認知症が急激に悪化して大変でした。。
いえ現在進行形でまだバタバタしてますv-395

しかし、秘密の新刊。
同時に二冊刊行とお得感(?)ありでしたが、まとめて読むと余計に重たかったですね。
入院中にお読みになるのはさぞきつかったのではと思われます。

>“地獄に天使”いや違う“沼池に蓮の花”的な憩いの場面

同感です!波多野がまたいい感じでしたよねw



2017.09.21 23:33 明石 #- URL[EDIT]
646:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017.09.26 15:33 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する