三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイズンドーター・ホーリーマザー 湊かなえ

ポイズンドーター・ホーリーマザー

久々の湊かなえさん。
「告白」で話題をさらってから9年。
コンスタントに作品を発表され、今では押しも押されぬベストセラー作家の一人となられましたね。
ご本人をテレビで拝見したことがありますが、あんな可愛い顔と声の女性がこんなえげつないお話を・・と驚きました。

今「リバース」という作品が話題のようで、ドラマ化もされていますね。
時々私がおやつに買うランチパックにも、タイアップなのかビニール包装に「リバース」の番宣が印刷されているものがありました。
美味しそうに見えたので、一つ買って帰りますと、夫がそれを見て・・・「ゲロ・・???」とのたまいました。
ゲ、ゲロ・・・・・。
ランチパックに、ゲロ。。。
夫よ。それ、和製英語らしいよ。

どうでもいい話は切り上げまして。
「ポイズンドーター・ホーリーマザー」
湊さんの毒がピリリと効いた短編集で、毒親、毒娘をテーマにした表題作はラストの2編です。

毒親という俗語が有名になったのは、ごく最近ではないかと思います。
毒親の形は様々でしょうが、要は子供のためと思ってやっていることが、過干渉なのか束縛が過ぎるのか、結果的に子供の自立性や将来性をつぶしてしまうような親のことでしょう。

「ポイズンドーター」は娘弓香の視点で、毒親である母のことが語られ、「ホーリーマザー」では弓香の友人理穂の視点から弓香とその母が語られます。
理穂はマスコミに「毒親」として晒された弓香の母は立派な母親であり、弓香こそが毒娘であると糾弾します。
本当の毒親は、中学生の娘に売春させて飲んだくれてた、同級生マリアの母のような人のことだと。

理穂のいうことも分かるけれど、弓香の気持ちも分からないではないです。
マスコミに母親を晒したのは確かに頂けないし、弓香に自分の人生が思うようにいかないことをひとのせいにするきらいがあるのも否めませんが、彼女にとっては母親は愛情で娘の羽をもぎ取るような、支配的な親だったんでしょう。
人間は多面体で、それが母親の全ての顔ではないというだけです。

毒親、とは何でしょう。
私にはよくわからない。でも、「毒親」には自分が毒親だという自覚はないのではないでしょうか。
自分は子供を愛している、と自分では思っているのではないでしょうか。

理穂が名前を出した、マリアの母。
育児放棄し、あまつさえ中学生の娘に売春させるような母親。
母性の欠片もない、最低の母親。
こんな女は毒親などという範疇を越えています。ただの虐待母、犯罪者です。
なぜ周囲はマリアを助けなかったのか。
現実ならば、中学校や教育委員会など行政が、マリアを保護するべきではないのでしょうか。
ここのところ、フィクションだからと自分に言い聞かせても、非常に憤りを覚えました。

そして出来れば弓香の視点に対する最後の章は、友人の理穂ではなく、母親の視点で語って欲しかったです。
私は理穂にあまり共感できませんでした。
理穂はただ周りの状況に流され、その流れに逆らわず環境を受け入れている、主体性のない人に思えました。
特に気になったのは、「中学もろくに行っていないマリアを、父親が採用したのはなぜだろう」と思いつつも、そこを深く考えないようにするところ。
いえいえ、ここで思考停止してはだめでしょう。
理穂は不都合な事実から逃げ回り、目をつぶっている。そして自分は幸福だと思い込んでいるのです。
理穂に弓香を糾弾する資格はありません。

私には理穂こそ「毒親」の予備軍に思えました。

六編の短編の中では、嫉妬に苦しむ脚本家のお話の「ベストフレンド」が一番面白かったです。
ハッピーエンドではないのに、後味が良かった。



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。