三毛犬ジョニーへの伝言

旧「自堕落な蟻」 ブログ名変えました。ジョニーは昔飼っていた可愛いビーグルの名前です。

虫刺され?中耳炎?おたふく風邪?

「耳が痛い!」とはじめに息子は訴えました。

それに続いて、熱が38度を超えました。。

「痛い、痛い、痛い~!」と、夜もろくに寝れない様子でした。

こんなことは、今までなかったので、私は少し動揺しました。。

次の日、かかりつけの小児科に息子を連れて行くと、いつもの先生は学会か何かでお休みで、見覚えのない先生が代わりに診察してくれました。

「耳が痛いって言うんです」と、私が伝えると

「耳たぶを虫にでも刺されたんじゃない?ここって結構痛むんだよ」

と、虫刺されの薬をくれました。

しかし、薬を塗っても、息子は「痛い~!」と訴えます。。

熱も39度近くに上がってきました。

これは、絶対に、おかしい。虫なんかじゃない。

また次の日、少々遠いけれど、バスに乗って、このあたりで評判の良い耳鼻科に、息子を連れて行きました。

ちょっと変わった風貌の、その先生は、とても丁寧に検査して下さり・・、息子の耳に管のようなものを入れて、テレビモニターに映し出し、

「中耳炎ですね。痛かったでしょう」
と、おっしゃいました。

私は中耳炎って、どんな病気が知りませんでした。

義母が子供のころ罹ったそうなんですが、ものすごく、痛いんだそうで・・。

痛かったね、息子。。すぐに分かってあげられなくて、ごめんね。

耳が痛いというから、私はまたおたふく風邪にかかったのかと、思ってたよ。

おたふく風邪は幼稚園のときに罹っているけれども、お父さん(夫)は2度罹ったそうなので。

今日、息子はすっかり元気になり、しぶしぶ学校を休んでいる間に出た宿題をやっていました。

また賑やかな息子に戻りました。。まあ少々、うるさいけれど、元気になってよかった。

しかし・・、いつもの先生がお休みのときは、あの小児科、行くのやめよ。

頂いた虫刺され薬は、アタシが足に塗ってます(笑)。

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する